• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

白内障手術で先進医療治療費が月500円でカバーできる保険がある

高齢者は歳を取るに従って白内障を必ず患う。白内障が発症する年齢は個人差があるが、80歳以上で100%に近いと言われるほど発症する。私は、62歳だがまだ白内障であるとは眼科医に言われていない。

ただ、

将来、白内障になるのは分かっているのでその時に行う白内障の手術についてどうすべきかを考えている。人工水晶体を眼内に入れる手術なのだが、人工水晶体には単焦点レンズと多焦点眼内レンズがある。利便性で多焦点眼内レンズが良いのは分かっているのだが先進医療治療の手術になるため国民健康保険対象外になる。そのため、高額な治療費が請求される。

私は、現在、医療保険に加入していない。国民健康保険で十分であると判断しているからだ。そんな私でも白内障の手術をする時は多焦点眼内レンズを選びたいと思っている。高額な治療費をどうするかだ!

多焦点眼内レンズの手術で発生する高額な治療費をカバーする月500円の先進医療保険

Linkx coins(リンククロス コインズ)は、

先進医療と臓器移植に特化することにより、月々500円の保険料を実現したインターネット申込み専用の先進医療保険です。(引用先:Linkx coins(リンククロス コインズ)

目的が分かっている場合、Linkx coins(リンククロス コインズ)の先進医療保険は役に立つ。私は、この保険を使って将来発症する白内障の高額な医療費に使いたい。この保険で注意すべきことは2つある。

  1. 契約年齢制限: 20歳から69歳まで
  2. 白内障が発症していないこと!!

既に白内障が発症して眼科で治療を受けている場合は、この保険に加入できない。

多焦点眼内レンズで白内障治療をすると眼鏡が要らなくなると言われる。個人差はあるだろうが、メガネを使う機会が少なくなるのは確かなようだ。私は、小学生の頃からメガネのお世話になっている。大学生時代にコンタクトレンズ(ハード)を試したが目に合わなかったため諦めた。それ以来ずっと眼鏡の顔になっている。

多焦点眼内レンズでメガネがいらない生活になったらどんなに素晴らしか。それを思うと是非とも白内障になったら多焦点眼内レンズでの手術を期待している。高額な手術費をLinkx coins(リンククロス コインズ)の先進医療保険でカバーすることで可能なのが今わかった。医療保険に入っていない私なので月500円(年間6000円)のLinkx coins(リンククロス コインズ)の先進医療保険は実に魅力的である。

緑内障の治療を眼科で受けているが、白内障は発症していないので白内障が発症して治療を始める前にLinkx coins(リンククロス コインズ)の先進医療保険に加入したいと考えている。

今からこの保険に加入しても良いのだが、まだ、問題ないのでしばらく様子を見たいと思っている。国民健康保険は、単焦点レンズしか対象になっていない。現在の先進医療保険は、2焦点眼内レンズが対象になっている。多焦点眼内レンズにも先進医療保険がカバーできない最先端なレンズが有る。

現在国内で使用されている主流の多焦眼内レンズは焦点が2つのレンズです。
遠くと近く、という二つ距離の焦点ですが、中間の距離の見え方や、極端に近い部分、極端に遠い部分の見え方は悪くなります。それらの部分を補助する場合は眼鏡が必要になります。(引用先:白内障と白内障手術

10年先には、多焦点眼内レンズも先進医療保険でカバーされるようになることを願っている。人工レンズの技術も進化するので今よりも多くの人たちに多焦点眼内レンズが割安な治療費で使われるようになるのではないだろうか。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search