• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

シニアは毎日必ず行う運動(スクワットなど)を決めて実行する(1年間続けてみる)

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

運動習慣がないシニアが健康のために運動をやり始める時、こんなやり方がある。高齢者が一番困るのは足の筋力の衰えだ。足腰を鍛える運動習慣を身につけると70歳過ぎでも80歳過ぎでも足で不自由しない生活が出来る。

運動習慣を身につけるには、最初から張り切りすぎないことだ。私は、こんなやり方で足の筋力を強化している。毎日、お風呂に入る前に行っている運動だ。

足の筋力を強化するスクワットの運動習慣 

スクワットという運動である。下記のような運動を1セット20回行う。

squat

本格的に行うならば、この動作を1日1セット20回 x 3回することになるが、運動習慣がなく、体が慣れていない場合は、1日1セット20回から始める。これでもきつい感じがするシニアは、1セット10回から始める。ポイントは、毎日同じ時間帯にこの運動をすることである。回数やセット数よりも毎日行うという運動習慣が重要だ。

私は、1日1セット20回から始めた。汗がでるのでお風呂に入る前に行っている。この運動を1ヶ月間、3ヶ月間、6ヶ月間と続けると1日1セット以上出来るようになる。1年間継続して行う習慣が身につけば、1セットの回数を増やしていく。

3ヶ月後辺りからスクワット運動の効果が体に出てくるはず。真面目にやっていればの話だが。

基本は、セット数や回数ではない!毎日決まった時間帯に決まった運動をする習慣を身につけるということだ。この運動習慣が身につくと後はどのような運動をどのぐらいの負担度で行うかだけの問題になる。この時点で継続して運動をすることに抵抗がなくなり、運動しないと気が済まなくなる。

そんな精神状態になると人間ドックを受けたときに医者から褒められるようになる。血圧もメタボも心肺機能も改善されているからだ。いわゆる、生活習慣病にならない体になっているということだ。

一度に行う運動量よりも継続して運動をする習慣のほうが最も難しい。若い人もシニアも運動を定期的に続けられないためだ。初めから頑張ると三日坊主になる。

だから、

最初は、比較的簡単で負担があまりない回数から始める。簡単で負担が少なければ、定期的に運動を続けられる可能性が高い。 

私は、週2回スポーツセンターで筋トレを各3時間ぐらいやっている。水曜日の午前中と土曜日の午後になる。それ以外の日は、体を休めて疲れている筋肉の回復に努めている。 

ただ、

足の筋肉は大きいため筋トレですべての筋肉を鍛えられない。筋力に余裕が足にあるので毎日スクワット1セット20回をお風呂に入る前に行っている。疲れた足の筋肉の回復を早める効果と使い切っていない足の筋肉に刺激を与えるためだ。 

スクワット運動は、若い女性がダイエット目的で行っている。スクワットは運動カロリー消費が大きいので脂肪を燃焼させる。同時に心肺機能も向上させる効果がある。筋力効果、ダイエット効果、心肺機能強化と良い事だらけである。

運動習慣を身につけるために1日1セット20回のスクワット運動を始めてみよう。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search