• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

自動車の安全技術と機能:シニアがこれから買い替える自動車の購入基準になる

家内が最近自動車を運転する時に以前よりも慎重になってきたと言い出した。家内の同年代の奥さんたちも同じような事を言いだしていると言う。60歳代のシニア男性・女性を含めて自動車の運転に慎重になり始めている。我が家は、トヨタのプリウスを運転している。購入して4年が経過しているので下記のような安全機能を提供する装置は付いていない。

・衝突被害軽減ブレーキ
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御機能)
・車間距離制御装置(ACC)
・車線逸脱警報装置
・リアビークルモニタリングシステム
・自動切替型前照灯

60歳以上のシニアドライバーは安全機能付きの自動車を運転する時代が来ている!

現時点でスバルの自動車が下記の機能をすべて満たしている。アイサイトversion 3の搭載車である。

・衝突被害軽減ブレーキ
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御機能)
・車間距離制御装置(ACC)
・車線逸脱警報装置

スバルのアイサイト安全機能については、スバルの公式サイトを参照してください。詳しく説明されています。

スバルの安全運転機能、アイサイトはステレオカメラが特徴

人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握。
クルマだけでなく歩行者や自転車なども識別し、対象との距離や形状、移動速度を正確に認識することができます。(引用先:アイサイト

自動車の安全機能では、スバルだけが先頭を走っている。

自動車の安全運転技術は、これからもっと進んで行く。各自動車メーカーは自動運転の自動車の開発の過程で確立した安全運転技術を既存の自動車のモデルチェンジの時に追加してくる。我が家のプリウスもあと3年か4年で買い替えを考えている。その時点で最も安全な運転が出来るメーカーの自動車にしようと考えている。

老人による誤発進事故が目立っている。自動車運転で事故を起こしやすい老人の運転をサポートする機能はこれから標準になってくる。5年以内にそれが現実のものになると私は思っている。

自動車の安全運転技術で先頭を走っているスバルの新車動向を注意深く見て行きたい。

注意したいのは、最終的な判断はドライバーであるという事だ。どんなに安全運転機能が装備されていても100%完全ではない。あくまでもドライバーをサポートする技術でしかない。少なくとも今まで発生した老人が起こした事故を未然に防ぐ技術は既存の自動車に導入され始めている。

自動車の運転免許証を返納するのが一番良いのだが、自動車が無いと生活上難しいという人たちも多いのも確かだ。そんなシニアは、最低でも安全運転機能が搭載されている自動車に乗り換えてほしい。

この記事「自動車の安全技術と機能がシニアがこれから買い替える自動車の購入基準になる」のポイントは、

  • 60歳以上のシニアドライバーは安全機能付きの自動車を運転する時代が来ている!
  • スバルの自動車が安全運転機能で最先端を走っている。アイサイト3が搭載されている自動車が良い。
  • どんなに素晴らしい安全運転機能が装備されていてもドライバーがしっかりしていないとダメだ。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search