• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

2019年に消費税が8%から10%になるならば今から何をすべきか?

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

築23年目になる大規模マンションに住む私たち夫婦は、毎日のようにリフォーム会社からの攻撃にあっている。売り込みの電話からチラシ攻撃まで。うんざりする。リフォーム会社からの電話はすべて迷惑電話として登録している。リフォームのチラシは、ゴミ箱行。

同じ大規模マンションに住む住民は、既にリフォームを終えている人たちが多い。小規模から大規模まで様々だ。子供たちが巣立った自宅なので子供部屋を含めて老後の住処を快適にしたいという希望はある。タイミングとしては、消費税10%が施行される前だろう。

自宅のリフォームはコストがかかる!税金で余分にお金がかかるのはゴメンだ!

築23年にもなるとフロアーの絨毯や壁紙の部分が痛んでいる。水回りの台所、洗面所、お風呂場、トイレなども見直しが必要になる。リフォームにどれだけお金をかけるかは予算次第だが、最低何々を直しておきたいという欲求がある。この辺は家内が一番詳しい。日々自宅で生活をしているからだ。

既にリフォームした隣人からどのリフォーム会社が良いかなどの体験情報を集め始めている。実際にリフォームをした隣人のマンションを見てリフォーム後の状況の話を聞けば業者の良さが見えてくる。

大きなお金が出るものは何かを今から検討しなければならない。老後の生活を快適にするリフォームは消費税が上がる前までにやらねばならない。あと、10年超えの長生き冷蔵庫の買い替えもある。冷蔵庫も高い。最低でも20万円以上はする。

取り合えず、マンションのリフォームと冷蔵庫が消費税率引き上げ前までに何とかせねばならない。

仕事面では、新しいノートパソコンを買うかどうかだ。消費税を10%に引き上げるのは、2019年10月が予定になっている。2019年10月前までに新しいThinkPad X280か、X290を買う事になるかもしれない。ちょうど、X260を購入して3年経過するのでタイミングは良い。パソコンは3年で腐るからだ。

ThinkPad X280もX290も予算として15万円以下であれば良いと思っている。自動車の買い替えはまだ早いと思っている。今度自動車を買い替える時は、自動運転の機能が成熟してからだ。今の自動運転技術は、まだ、危ない!成熟するまで後5年から10年ぐらいかかるだろう。

終の棲家として今の自宅に住めるかどうかはまだ分からない。私の年齢が80歳ぐらいにならないと介護の変化も分からない。今から20年以上先の介護される生活を想像もできないのでそれをリフォームに入れ込むのは無理である。普通な生活がより快適になるようにするのが限界だろう。

2019年10月までにやることは、

  1. 自宅のリフォーム
  2. 冷蔵庫の買い替え
  3. ThinkPadノートパソコンの買い替え

我が家ではこれぐらいだ。

この記事「2019年に消費税が8%から10%になるならば今から何をすべきか?」のポイントは、

  • 消費税率が8%から10%にアップするのは2019年10月である
  • 我が家が消費税アップまでにやることは
    1. 自宅のリフォーム
    2. 冷蔵庫の買い替え
    3. ThinkPadノートパソコンの買い替え

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search