• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

年金受給がない60歳からお金を稼ぐ自活が出来れば安心

老後の生活で経済的な安定があると心に安心とゆとりが生まれてくる。60歳定年退職で仕事がない、見つからないシニアは将来の経済的安定とゆとりを失う。65歳を過ぎても75歳を過ぎても仕事ができて毎月現金収入があるシニアは経済的安定と心のゆとりを維持でき、安心を感じる。

経済的に自活ができるかどうかで老後のライフスタイルは変わる。自活を目指す年齢が定年退職後の60歳である。64歳になるまでに自活でお金を稼げれば、将来的な安心と安定のきっぷを手に入れられる。

定年退職後に仕事が見つからないとお金で困るだけでなく不安を感じ心細くなる

老後の生活でお金は重要な要素である。年金収入がもらえる65歳は、ある面で安心材料になるが十分材料ではない。生活費で不安が残る。お金を稼がなければ、生きるのが苦しくなる。仕事を探しても簡単には見つからない。お金を稼げなければ、不安が膨れ上がり将来の生活で心細くなる。

60歳から64歳のシニアは一体何をどうすればこの不安を乗り越えられるのか。 

仕事がない、収入がない

自営業者である私の生活には、仕事があるが売上の保証と安心は確保されにくい。明日、何が起きるかで自分のビジネスに悪影響する可能性があるが、自分の手で仕事を作り、お金を稼げるという自信から精神的な安定を築ける。見えないリスクの中で生活費を稼いで老後の生活を楽しめている。

仕事がないと収入が生まれない。年金収入がもらえる65歳まで60歳代の失業者は何をすれば良いのか。65歳までの5年間を無駄にしない働き方、生き方を考える必要がある。今、働いている65歳前のシニアも安心できない。65歳を過ぎれば、仕事を失う。再就職は60歳の時以上に困難になる。

65歳になったから安心というシニアは少ない。仕事がない、収入が年金だけの生活はシニアの老後の生活に潤いを与えない。

60歳から自活を目指す

一時的な解決策は時間の延長でしか無い。60歳のシニアが再就職先を探す努力は必要だが、目先の不安を解消するために時間の切り売りをするような職につくのは考えものである。職にありつけても65歳で失業する場合がほとんどだ。その現実を想定した働き方を60歳のときから考える。

自活、自分で自分の生活費を稼ぐライフスタイルを目指す。私の助言は、自活である。自活するにはどうしたら良いかを考えてどう準備したら良いかの計画を立てることだ。

再就職先を探すならば、自活する上で役に立つ経験が得られる職場を探す。アルバイトをするならば、自活を目指す業界のアルバイトを探す。自分が目指す自活の生活に関係深い分野で仕事を見つける姿勢が一番重要である

65歳までに自活できれば他人に依存しない安心を得られる

何をどうすれば具体的に自活が出来るかは、個人差がある。いま60歳ならば、65歳までの5年計画を立てる。起業関連の情報と知識をできるだけ早い時期に手に入れて自活する分野とビジネスモデルを模索する。これぐらいは、アルバイトをしながら出来る。自活したい分野が定まれば、その分野の経験を得るためにアルバイト先をその分野で探す。

自分が目指すビジネスモデルの可能性をアルバイト先で考える。既に同じ様なビジネスモデルで売上が生まれているのか、その業界でまだ試されていないのか、調べることだ。

起業する上で自分が参入する分野の実態情報を十分理解する必要がある。誰もが経験したことがないビジネスモデルならば、大きなチャンスがある。やってみないと分からないというチャンスである。競争が激しいビジネスモデルの中で参入するのはおすすめしない。ブルーオーシャン市場でビジネスを始めることをお勧めする。

競争相手を気にしないで自分のビジネスを築けるからだ。年金受給する65歳前までに自分が目指す自活分野とビジネスモデルが固まれば、65歳以降の人生に新しいやり甲斐が生まれるはずだ。

この記事「年金受給がない60歳からお金を稼ぐ自活が出来れば安心」のポイントは、

  • 老後の生活で経済的な安定があると心に安心とゆとりが生まれてくる。経済的に自活ができるかどうかで老後のライフスタイルは変わる。65歳になれば年金収入が手に入るが、職を失う。老後の人生は65歳から始まる。
  • 64歳になるまでに自活でお金を稼げれば、将来的な安心と安定のきっぷを手に入れられる。老後の不安は、自活で解消できる。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search