• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

40歳代、50歳代で老後不安を感じるならば今からこんなアクションをする!

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

40歳後半から50歳代になる頃、自分の将来を想像する時があるだろう。会社の状況が良くない場合、自分たちの老後の生活を不安に思うのは皆同じである。40歳代から50歳代は、住宅ローンや子供の教育費でお金の負担が大きい。定年退職前には、自分たちの老後と親の介護資金まで考えなければならない。

老後の不安は、自分のキャリアの将来に期待が持てない時に増大する。 こんな不安を今感じているならば、考えているだけでなく実際の行動に移るべきだ。

老後不安に打ち勝つアクション

現在勤める会社の経営がどうであれ、60歳になれば定年退職になる会社員が多い。65歳まで働ける再雇用制度があるにしても会社を去るのは時間の問題だ。会社にぶら下がって給与を自動的に頂けるという身分は消えていく。

この事実を今から記憶に刻み込むことだ!

まだ、40歳代、50歳代だから時間的に余裕があると安心していると後で慌てる事になる人が大勢いる。備えよ常に!これが出来ない人があまりにも多い。

老後の不安は、会社に依存して今の生活が成り立っているところにある。懐に入ってくる収入が一か所だからだ。収入のチャンネルを複数持って一つのチャンネルが枯れてももう一つのチャンネルで生活が出来るようにすれば、老後の不安は和らぐはずだ。

出来る、出来ないを考えずにこれに挑戦して見て下さい!

日本政府も新しい働き方改革で副業と兼業が出来る施策を展開し始めている。既に一部の大手企業やベンチャー企業で副業と兼業を許可し始めている。この流れは止まらない。多くの企業が副業と兼業を許し始めるだろう。これをやらないと人材が流出するからだ。その現象が大きな流れになる前に自分で副業や兼業の準備を始める事だ。

副業や兼業は、言う事は易しだがやってみないと分からない世界である。会社から給与をもらっている間に自分が持つ技術、経験、知識、アイデアでお金を稼ぐ練習をする。何もしないで老後の不安を悩むよりは、前向きに何かをして老後の不安と戦っている方がまだましである。

まず、あなたがアクションを起こすことはこれだ。

週末起業・ビジネスと言う形で副業や兼業をやっている会社員たちの勉強会に参加する事である。既に、副業のアイデアがある人は、そのアイデアを実践してみることだ。ビジネスを作りだすには時間と試行錯誤が伴う。経験値が命だ。週末起業・ビジネスをやりながら自分でもお金を稼げるという経験をすることが一番重要だ。この経験が定年退職後に始める第二のキャリアになる可能性が高い。

ウエブで "週末起業 勉強会"を検索してみる。

この記事「40歳代、50歳代で老後不安を感じるならば今からこんなアクションをする!」のポイントは、

  • 老後の不安は、自分のキャリアの将来に期待が持てない時に増大する。
  • 40歳代、50歳代だから時間的に余裕があると安心していると後で慌てる事になる人が大勢いる。
  • 収入のチャンネルを複数持って一つのチャンネルが枯れてももう一つのチャンネルで生活が出来るようにすれば、老後の不安は和らぐはずだ。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search