スイスのチョコレート Lindt リンツのお試しチョコ:横浜Bay Quarter

ヨーロッパに仕事で出張するとどのAir Terminalにもチョコレートのお土産が売られている。日本でも有名なGodivaだけでなく、色々なヨーロッパのチョコブランドが販売されている。私は、いつも、Neuhaus(ノイハウス)を空港でお土産として買ってきていた。

最近、横浜のBay QuarterにLindtのお店が出来た。Lindtの名前は知らなかった。家内は前からこのチョコブランドを知っていたらしい。スイスのプレミアムチョコブランドらしい。

Lindor リンドールという名のチョコレートを無料でお試し!

仕事で午後は横浜Bay Quarterにあるスターバックスに行く。Lindtのお店は、ちょうど、Bay Quarterの入り口正面に位置している。最初は何を販売してるのか分からなかったのだが、お店の入り口で店員が何やらお店に入るお客さんに渡していた。何を渡しているのか興味があったので私も入り口に行ってみたら、Lindorリンドールという大きなチョコボールを手渡してくれた。

口に入れたら、なんとまあ、甘いチョコレートであった。

お店に入ってLindorのチョコボールをPickして計り販売しているテーブルを見たら、1つのLindorチョコボールが約100円ぐらいの価格になる事が分かった。森永の板チョコ1枚が買える値段だ。

でも、

Lindorチョコボールは確かに美味しい!今まで食べた日本のチョコレートよりも味は寸断良い。この時点でLindorがスイスのプレミアムチョコブランドである事を知らなかった。自宅に帰って家内にLindorチョコについて話したら、スイスの有名なチョコブランドである事を教えてくれた。

二、三回、お店に出入りしてお試しのLindorチョコボールを無料で頂いた。毎回、違う種類のLindorチョコボールであったのでお試しをする度にLindorチョコボールの魅力に魅入られた。ちょうど、長男夫婦が自宅にやって来る前日であったので食事のデザートとしてこのLindorチョコボールを買う事にした。 

長男夫婦は、最近、ドイツ、スイス、フランスに新婚旅行で行ってきた。新婦がチョコレート好きであった。スイスでLindtのチョコレートを買ってきたらしい。長男の方はチョコレートには興味がないらしく何の感想もなかったが、ただ、美味しいチョコだというコメントだ。

今回初めてLindorチョコボールをお土産に買って帰り、長男夫婦と一緒に食後のデザートとして食べた。私の家内も長男の嫁さんもLindorチョコボールの魅力に魅入られたようだ。1個の単価は高いが、それに見合った味であったので結果として良かった。毎日購入して食べるようなチョコレートではないが。

もし、食べたくなったら無料の試食でLindt店に入れば良いと思っている。頻繁には行けないが、時々であれば試食をさせてくれるだろう。

試食したら、チョコレートを必ず買わねばならないと言う事はないのでご安心を!

何かの祝い事でのお土産品としてスイスのLindtチョコレートも良いのではないだろうか。甘い物が好きな老人にお勧めなスイスのチョコレートだ。カカオは、健康に良いと言われる。品質の良い純度が高いカカオをチョコレートに入れている。

 

Search