• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

シニアが外出先でトイレに行きたくなったらどこに行く?

年寄りになるとトイレが近くなる。便利で快適なトイレから待たされるトイレが有る。日本人ならば、経験でどこに行けば何とかトイレにありつけるという知識がある。外出時にトイレに行きたくなりトイレを探す苦労を誰もが経験している。

確実にトイレを利用できる場所を一つ、二つと知っていると困らない。

小便よりも大便で苦労するトイレ探し

男性の場合、小便はなんとかなる。いざとなったら、見えない場所で立ち小便ができる。女性の場合はそうは行かない。男性の大便と同じようにちゃんとしたトイレでないと対応ができない。

♥快適なトイレが有る場所

ちょっと大きいホテルに立ち寄ることだ。お客さんの利便性を考えてホテルのトイレは、いつも、きれいで快適なトイレを提供している。

有名デパートがあれば、快適なトイレは必ずある。ただ、混んでいる。そんな時は、高層階のトイレを探すことだ。2階、3階にあるトイレはいつも混んでいる。

♣比較的に簡単に見つかるトイレの場所

鉄道の駅ビル内や駅の中だ。あとは、ちょっと大きめのコンビニ店舗で見つかる。ただ、混んでいる場合が多い。どうしようもなくなったら喫茶店に入ってトイレを借りることだ。近くに映画館があれば、映画館のトイレも使える。病院やクリニックでもトイレを使える。

♦トイレはあるが汚い場所

いわゆる公衆トイレがある場所だ。公園施設にあるトイレ。地下街にあるトイレ。ガソリンスタンドにあるトイレ。

排便・排尿で困っている高齢者は、トイレを探す間に漏れてしまう。そのため、シニア向け紙パンツを履いている。トイレに行くときは、汚れた紙パンツを履き替える時だ。排尿であれば、紙パッドをパンツに貼っておけば数回の排尿ぐらいはしのげる。

最近の紙パンツは、幼児向け紙パンツと違って見栄えが良い。多くは、失禁用の紙パンツであるが排便用途でも使える。トイレ探しで時間がなくなっても紙パンツさえ身に着けていればなんとかなる。

排便・排尿のコントロールがある程度出来るシニアならば、直ぐに見つかるカフェのトイレを利用することをオススメする。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search