今日はラッキーと思う出来事で61歳のシニア、喜ぶ

世の中にはラッキーと思う出来事をたくさんある。そんな経験が最近2回あった。ひとつ目は、月に1回顔を出すか出さないかの焼き鳥屋だ。立ち食いの焼き鳥店は、時々、集客のために面白いキャンペーンをやる。あまり対外的な宣伝はしない。お店にくるお客さんだけにアピールするキャンペーンだ。本来の拡販目的とは違う。固定客を作るためのキャンペーンだ。

1週間限定の「焼き鳥を食べたら、もれなく当たるくじ引き」だ。今回、たまたま、そのキャンペーン期間中に顔を出した。当たったものは・・・

シニアの心をつかむ

くじ引きは、ハズレであった。でも、ハズレた人は、お店の人とじゃんけんで勝てば別のプレゼントがある。私は、じゃんけんでも負けた。諦めて帰ろうと思ったら、お店の人に呼び止められた。はずれ券を渡すので待って!ということだ。そのはずれ券は、驚いた事に焼き鳥屋のフライメニューの一品を無料でくれるというはずれ券だ。 

ここまでしてくれる焼き鳥屋は今まで出会った事がない。月一度しか顔を出さなかったが、次回はもっと顔を出そうと思い始めた。この焼き鳥屋は私の心をぐっと掴んだ

この焼き鳥屋の客は地元のお客だ。それも私のように60歳を越えた人達が多い。老いて来ると「人情」に弱くなる。 私と同じ感情でもっとお店に顔を出すシニア客が増えるだろう。お店の固定客が頻繁に焼き鳥を食べに来てくれれば、お店のビジネスが安定化する。

もう一つのラッキーな経験は、こんなものだ。 

横浜駅から相鉄線が出ている。相鉄線の星川駅から歩いて5分ぐらいの場所にビジネスパークというビジネスコンプレックスがある。ビジネスパークには、NRI(野村総合研究所)、Sony、名だたる大企業のオフィスがある。その一角にスターバックスのお店がある。本日、スターバックス店がリニューアルしてお祝いキャンペーンが始まった

お祝いキャンペーンは、ドリップコーヒー、または、カフェオーレが無料で飲めるというものだ。野村総合研究所の社員たちが長蛇の列をなしていた。私は、このスタバックスの常連客であるためかスタッフが気を使って早めにドリップコーヒーを提供してくれた。

通常であれば、302円のドリップコーヒーを買うのだが今日だけは無料になった。一言、ラッキー!だった。

この手の無料ドリンクキャンペーンは、マクドナルトやコンビニ店が良くやっていた。コーヒーの質が悪かったが。スターバックスのコーヒーは、既にブランド化して認知されている。そのため、ラッキーと思ってお客がお店に並ぶ。ビジネスパークの中では話題性がある。

口コミが口コミを広げてくれる。小さなコミュニティでは、効果抜群だ。

 

Search