• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

食事中に透明な鼻水が出始めるのは老人性鼻炎?

62歳の頃からなぜか食事中に透明な鼻水が出始める現象を感じ始めた。私は花粉症になっていないし、風邪を引いてもいない。透明な鼻水は、食事中にしか発症しない。鼻水は酷くない。ティッシュペーパー1枚あれば足りるぐらいだ。この現象は、ネットで調べてみると老人性鼻炎に近い。一つの老化現象であると言うが、70歳以降の老人に多いと聞く。

62歳の時に発症した。個人差はあるだろう。老化は、体の弱い部位から始まる。この現象が本当に老人性鼻炎(老化現象の一つ)であるならば、運命に従うしか無い。食事時以外では透明な鼻水は出てこない

花粉症で鼻水が出てくる人の気持ちがわかる!

透明な鼻水が出る経験は、ラーメン、うどん、そば類などを食べているときだ。この現象は、誰にでも起きる。最初は、これかなと思っていたのだが、ラーメン、うどん、そば類以外の食べ物を食べている時に発症していたので何か別な病気ではと疑っていた。症状が酷くないので暫くの間何も気にしていなかった。

しかし、

不思議なのは、コーヒー、朝食(トースト、目玉焼き類)、間食のお菓子類などでは透明な鼻水が出てこない。温かい食事の時が多い気がする。それもある程度時間がかかる食事だ。短時間で終わる食事では、この症状が起きていない。

加齢による鼻の中の粘膜機能が低下が原因と言われているが、なぜ、鼻だけの粘膜機能なのだろうか。はっきりしない現象を老化ということで片付けるのはまだ納得がいかない。私の場合は、老人性鼻炎の症状の一部でしか無い。

一方でこんな解釈もある。

人体の鼻内は常に「適切な温度と湿度」に保つ調整機能が働く」

辛いものや熱いものなどを食べると自然にこの調整機能が鼻の中で起きてくるということだ。もしかしたら、老化現象ではなく、自然現象なのかもしれない。

もし、そうであれば62歳になってから顕著になったのはどう説明するのか。鼻の中で温度と湿度を調整する機能が働くと同時に老人性鼻炎も起きているという説明になるかも。年齢的に見て、老化現象は確実に私の体の中で起きていることは確かである。症状がひどくなって、より老人性鼻炎と判断が出来るようになるまで様子を見るしか無い。

この記事「食事中に透明な鼻水が出始めるのは老人性鼻炎?」のポイントは、

  • 62歳の頃からなぜか食事中に透明な鼻水が出始める現象を感じ始めた。私は花粉症になっていないし、風邪を引いてもいない。
  • 加齢による鼻の中の粘膜機能が低下が原因と言われているが、なぜ、鼻だけの粘膜機能なのだろうか。
  • 人体の鼻内は常に「適切な温度と湿度」に保つ調整機能が働く」

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search