• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

食が細くなるシニアは余生を楽しむ事が出来なくなる

piza

ピザを食べている老人をあまり見たことが無い。80歳を過ぎても食欲旺盛な老人をあまり見かけない。歳を取ると食が細くなるというが、自然にそうなるのだろうか。アクティブに外で動き回ることが少なくなり、エネルギーをそれほど必要としない生活になるからだろうか。

食べ物は、生きていく上でのエネルギーを体に与える。エネルギーが少なくなると体内にある脂肪や筋肉がエネルギーとして使われる。徐々に体は細くなり体重も減ってくる。

食べる量を増やして生きる力を得るには・・・

90歳と85歳の両親を旅行に連れて行くと豪華な料理が夕飯で出る。いつも、両親は食べきれずに私たち夫婦が残ったおいしい料理を食べることになる。私たちも食べきれないほどの夕飯の量に両親が残した料理も食べると満腹を超える。

私たちは二人とも大食いだから、何とかなるが普通の夫婦ならば両親が残した料理は手付かずになるだろう。もったいないの一言だが、高齢の両親にとっては食べきれない事情がある。

一つに歯だ。両親ともに入れ歯だ。入れ歯がぴったりと口に合って普通の嚙み具合が出来ていれば問題がないのだがどうもそれは難しいらしい。入れ歯であると固い料理が食べられない。肉などは難しくなる。歯が丈夫でないと食べるものを嚙み砕けない。高齢者の歯は、個人差はあるが年齢とともに入れ歯にとって代わる。

当然、柔らかい食べ物になりがちだ。作る料理、旅先で食べる料理に制約が生まれる。50歳代、60歳代の夫婦が楽しむ料理とは違ってくる。旅行に一緒に行っても出される料理が入れ歯で噛み下せないものであると料理を楽しめなくなる。

二つ目に胃袋が小さくなっている。新陳代謝(基礎代謝量)が減少してきているので多くの食べ物を必要としない生活になる。胃袋もそれに従って小さくなる。たくさん食べれなくなる。

高齢者は、色々な理由で普通の生活が出来なくなる。体が年齢とともに壊れてくるからだ。体が食べるものを必要とするときは、必要以上のエネルギーを使う時だ。ちょっとづつ、体が使うエネルギーを増やしていけば、自然と食べる量も増えてくる。

量が少なくても高エネルギーの食べ物であれば、エネルギーは確保できる。

毎日の生活で必要以上のエネルギーを消費する活動を見つける事だ。散歩の回数を増やす。朝1回に夕方1回を加える。体を動かしてゲートボールやテニスができるならば、スポーツをする。兎に角、体を動かす活動を生活に取り入れるしかない。

体を動かす時間が増えれば、自然とおなかが空いてくる。お腹が空いたらたんぱく質などの高カロリー食を多くとるようにする。

孫がいるならば、孫と外で一緒に遊ぶことだ。孫をあやしながら動き回る時間を増やすと楽しみながらエネルギーを消費する。

必要以上にエネルギーを消費する活動を何でも良いから見つけて動き回ることだ。複雑なことは何もなく体をいつもよりも多く動かす生活をするだけで良い。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search