お金を使うタイミングと価値観

自分のためにお金を使うときと家族に使うときに自分の価値観が見えてくる。若い時に使うお金と高齢者になった時に使うお金では、価値が違う。高齢者は、お金を使える時間が若者と比較して短い。お金を使って満足を感じられる上限が年齢にある。普通の生活が出来ている高齢者ならば、お金は使っただけの価値が生まれる。

健康を害したら、満足が行くお金の使い方に制限が加わる。老化はお金で治せない。お金を使って楽しめる体があるうちにお金を使う。そのタイミングを逃さないでお金を使う。

老い先が短い家内の両親に時間とお金を使う

私は、生い先が短い家内の両親にお金と時間を使っている。両親が喜ぶ旅行を企画してドライブ旅行をしている。足が不自由である老夫婦は、自動車でないと行きたい場所に行けない場合が多い。自動車の窓から景色を眺めながら宿泊先のホテルまで行くその道のりが楽しいようだ。

90歳と85歳の老夫婦は、もう、自分たちで電車やバスを使って日帰り旅行も出来なくなっている。自宅周辺を散歩するぐらいしかない。自宅だけでの生活は変化が少ない。時には、非日常的な生活を味わいたいと思っているはずである。10年前にはできていた旅行が出来なくなった今を悲しんでいると私は思っている。

私たち夫婦が出来る事は、老夫婦の足になってあげる事だ。家族しかこのようなことは出来ない。最初は一泊二日の旅行を提案したが二泊三日でないと疲れるという要望があった。それからいつもドライブ旅行は二泊三日になった。海が好きな父親には、千葉県や伊豆のリゾートホテルに連れて行って周辺をドライブしてあげている。 

観光スポットに立ち寄って歩き回る事があまりできないので自動車で観光のポイントポイントに立ち寄ってその場の景色を楽しんでもらっている。

生きている両親の顔を見るだけで安心を感じる。他界したらもう顔を見れなくなるからだ。会話もできなくなる。一緒にいるという雰囲気を感じられなくなる。生と死の世界には越えられない壁がある。 

両親が生きているうちに、まだ、動けるうちに時間とお金を使ってこの世界の楽しさを味わい続けてもらいたいと思っている。私の両親はすでに他界している。親孝行も出来たとは思えない。母親は、私が米国の大学に留学中に他界。父親は、米国に駐在中に他界。死に際を見る事が出来なかったし、生きているうちに両親に特別な親孝行をする事もできなかった。それだけを悔やんでいる。

そのため、

まだ生きている家内の両親に私の両親に出来なかった親孝行を出来る限りしている。時間は有限である。タイミングを失うと出来た事も出来なくなってしまう。潤沢なお金がなくても自分が持っている時間と少しのお金でやれることをやってあげる。

生きているから出来る事だ。死んでしまったら、どんなに大金が手元にあっても使えない。お金と時間は、使うタイミングが重要だ。

 

Search