• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

65歳から何を始めるか?

65歳は人生の節目だ。生活費の一部になる年金が入ってくる。生活費の足りない部分は、パートやアルバイトで月額10万円以上稼げればやっていける。生活費を稼ぐために今までと同じ労働をする必要がなくなる。自分の時間を今までできなかったことに使えるようになる。

私の65歳以上の知人たちは、自由になった時間に困っている。時間を上手く使えていないのだ。

65歳になる前に70歳までにやりたい事をリストする!

65歳から70歳までに「やりたい事」をリストする。理由は、体力、気力、健康面で70歳まで何とかなるという感じだからだ。健康面で問題が発症しやすいのは、70歳以降が多い。65歳から70歳までの5年間は、普通の大人として普通の生活が問題なくできる年齢だ。

その意味合いで有意義な用途に貴重な時間を使うべきだ。

私は現在62歳であるので今のうちに65歳になったら、あれをやろう、これをやろうと考えている。年金がフルに入ってくれば、今の仕事で生活費を作るという苦労はしなくなる。仕事は、生活費のお金を稼ぐという目的から自分の生き甲斐に変化する。稼ぐ金額に囚われないで仕事の質と意義に価値を見出すことになる。

自分の仕事スキルを社会貢献活動に使える。今までは、生活費を稼ぐということを優先してきたが、これからは社会に貢献する活動に自分の時間を使えるようになる。

今は、どのような活動であれば自分のスキルを有効に活用できるかを探している。

65歳になった時点で事前に決めていた「やりたい事リスト」を行動に移したいと思っている。65歳になるまでにあと数年ある。今の仕事をしながら、どのような活動が自分のスキルを活かす社会貢献になるかを探していきたい。

自分たちの老後生活のためだけにお金を稼ぐのは虚しい。65歳になったら、自分の時間の半分を困っている他人のために使いたい。今までの人生は、自分たちの生活を維持するために会社勤めをしてきた。独立しても同じ目的のために働いてきた。

困っている他人のために何かをしてきたかと自問自答すると「今まで何もしてきていない、できていない」という回答が出る。自分がビジネスで身につけたスキルを社会に還元できれば、自分の存在を年老いても確認できるようになる。

体が資本である。体に問題を抱え始めると出来ることも出来なくなる。こうなると社会貢献どころではなくなる。普通の生活が問題なく出来る年齢のうちにお金目的でない社会貢献活動をやってみたい。

自分でNPO団体を創設して自分が中心になって困っている人達を助けるやり方もある。すでに設立されたNPO団体で活発に活動しても良い。ポイントは、自分が持っているスキルを活かせる「場」を見つけるだけだ。なければ、自分で作る。そんな考えを持っている。

65歳からの5年間は、健康障害をあまり気にせずに自分の体を特定目的のために使える時間だ。 

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search