• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

なぜ、70歳を過ぎたら体温調節機能をチェックすべきか?

統計資料が見つからないので客観的に答えを見つける事が出来ないが、私の周りにいる高齢者(70歳代)の服装を見ていると体温調節が上手く出来ていないのではという印象を受ける。

私は、ポロシャツで肌着なしで汗をかきながら歩いてある団体の定例会に参加した。定例会メンバーの平均年齢は、70歳を越えていた。10人のメンバーのうち私のようにシャツ1枚の人は誰もいなかった。

皆さん、夏用のジャケットとワイシャツを着ていた。

70歳を過ぎると体温調整が衰えて来るのではないか?

75歳の知人は、定例会が始まる前にこんな事を言っていた。

「電車の中の冷房が寒くなったのでジャケットを着てきたのだが、外を歩いていると暑すぎる。」

彼は自分の体の体温調節機能が衰えて来ている事に気が付いている。この数か月前から体温調節がおかしいと感じ始めていたという。運動系で適度な運動をしてきた体なのに体温調節機能が低下して来たことに驚いていた。

丸の内界隈を歩いている若者は、ジャケットを着ていない。ほとんどがワイシャツ姿だ。ジャケットを着て歩いている人は、年配者が多い。初老の私の目から見てもこの暑さでジャケット着ているのはどうかなと思わざるを得ない。

高齢者は、老化で発汗機能が衰えてくる。皮膚の温度センサーが鈍感になっている。

ただ、

個人差はある。新陳代謝が活発な体を維持している高齢者ならば、体が環境の変化に対応しやすくなる。一般の高齢者は、老化現象として筋肉量が減少し、それに伴って発汗量も減ってくる。筋肉は体の温度調節に大きく関わっている。寒い時に筋肉を動かすと体が温かくなる。寒くなれば自然に体が震えだす。

高齢者は、皮膚から感じ取る温度差のセンサー幅が広がって大きな温度差が生まれない限り感じなくなる。環境の変化に敏感でなくなる。

老化現象は、温度調節機能だけでなく体全ての機能で発生する。それが自覚できるまで時間がかかる高齢者とそうでない人との差がある。

最近、私は食事時になると鼻水が出やすくなった。食事をして10分ぐらいすると鼻水らしきものが流れ出してきているのを感じる。60歳代になると粘膜機能の低下に伴う生理現象として鼻汁が出やすくなるそうだ。これも加齢による体の変化だ。

加齢による体の変化は、70歳代では体温調節機能が目立つ。80歳を過ぎた老人であれば、多くの人が自覚するのではないか。そのため、熱中症になる高齢者が多い。室内で熱中症になって死亡する老人が多いのは、暑いと感じない、喉が乾かないなどの体温調節機能の感度が悪くなっていたためだ。結果として脱水状態になり手遅れになる。

良く言われるのは、体温調節機能がおかしいと感じ始めたら、意識的に水分補給をする習慣を身に付ける事だ。夏は特に屋外室内を問わずマイボトルで水を飲む。

発汗機能が衰えると汗が出なくなり、熱を体に貯め込んでしまう。発汗機能を正常に戻すには、汗を出す運動をすることしかない。定期的な運動で定期的に汗を出す習慣が身に付けば、温度さを調節する機能が敏感になり発汗を促す。

詰まる処、老化現象を予防するには適度な運動を定期的にして新陳代謝を活発にするしかないという事だ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search