• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

高齢者女性の足元が冷たいので夜眠れない

女性は一般的に足冷え症なのだろうか。自宅で冷房を入れると家内は必ず靴下を履き始める。足元が冷たくなるからだという。人によって個人差はあるが、男性には足冷え症はあまりない。

85歳の義母がこの夏に老健施設に入居した。入居後、様子を見に面会に行ったら、しきりに足元が冷たいので自宅にある電気コンロを持ってきてほしいと頼まれた。老健施設の規則で電気コンロなどの電気器具は持ち込めないと言われていた。

介護士さんに相談したら、こんな湯たんぽを紹介してくれた。

電子レンジで温めてから使う湯たんぽ

yutapon

ゆたぽん」という製品で赤いジェル溶液が入っている。この溶液が水の代わりになり、電子レンジで温めると約7時間ぐらい温かさを維持してくれる。夜足が冷たくて寝付けない時に「ゆたぽん」を足元に入れておくと寝付けが良くなる。

この製品は、白元アース株式会社が製造販売をしている。商品の取り扱いの説明をよく読んで間違った使い方をしないようにしてください。

早速、近くの薬局やドラッグストアに「ゆたぽん」という製品があるか聞いたのだが、夏であるため販売していないという事だった。仕方なく、アマゾンで「ゆたぽん」を検索したら見つかった。義母がしきりに足が冷たくて寝れないと言っていたので速攻で注文をした。

2,3日後に商品が自宅に届き、家内が老健施設に行くときに一緒に持って行ってもらった。介護士に「ゆたぽん」を渡して毎夜義母が寝る時にベッドに入れてもらうことにした。

こんな製品があることを知らなかった。昔と違って普通の湯たんぽであると数時間で冷たくなってしまうが、特殊なジェルが入っている「ゆたぽん」は、約7時間も暖かさを持続してくれる。高齢者男性は湯たんぽと使うことはほとんどないかもしれない。

この製品は、腰痛の緩和で腰の上に乗せて患部を温める時にも役に立つ。私は慢性的に腰痛を味わっている。そのため、血液の流れを良くするために夜寝る前に腰痛体操をしている。冬は寒いので「ゆたぽん」のような製品があると助かると感じた。

患部を温めると血液の流れが良くなるので腰痛、肩こり、首などの筋肉のコリにも使える。電子レンジで温めるのでお湯を沸かす手間はない。

老人は加齢に伴って体の筋肉が減少して行く。筋肉は、熱を発すして寒い時に体を温めてくれる。筋肉が減少した老人の体は、熱を出す筋肉が少ない。特に、足の筋肉が少ないので足元が冷たくなりやすい。自分の体が熱を出せなくなるならば、外から熱を与えて温めるしか方法がない。

電気コンロは漏電したり、故障したりするので湯たんぽよりもリスクがある。湯たんぽは、お湯を沸かす手間と温度の維持時間が短いというマイナス点がある。「ゆたぽん」という製品はこの欠点をうまく解決した製品だ。 

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search