• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

60歳以降の医療保険と生命保険は無駄だ

 朝日新聞の広告記事や投げ込みチラシを見るとやたらといろいろな保険会が争うように安さを売りで生命保険や医療保険の勧誘宣伝をしている。60歳前までの生命保険では死亡保険金額が3000万円であった同じ保険が60歳以降には300万円に下がっている。これは何を意味しているのか?

60歳以降のシニア男性の生命保険、医療保険は死亡リスクが高いと判断!

生命保険や医療保険会社は、高齢者層が増える市場をターゲットにした死亡保険支払金額を低く設定したシニア向け保険を提供し始めた。保険の支払金額が低くてお客さんの支払いが高ければそれだけ儲けが出る。掛け金の50%は保険会社の手数料だ。

平均寿命が延びても老人が死亡する確率は高い。保険会社は、高額な死亡支払金の支払いを60歳の時点で切っている。私は、60歳になった時点ですべての生命保険や医療保険を解約した。既に子供たちは巣立ちして独立している。生命保険をかけ続けても支払金額が割高になり受け取れる死亡保険金が激減する仕組みに納得がいかなかった。医療保険は、国民健康保険で対応が十分であると思っている。高額な医療費が発生しても自己負担金には上限があるからだ。

生命保険や医療保険にお金を支払うぐらいならば、2つのことを私は代わりに行う、行っている!

  • 月額の保険金支払先を自分の銀行口座にして自分専用の医療保険金積み立てにする(保険会社に50%の手数料を支払う必要がなくなり、すべて自分のためになる)
  • 予防医療としてスポーツセンターで筋力運動をする(お金はその費用に使う)

仮に60歳で医療保険に入ったとしても病気で入院している間に受け取れる最大保証金は、月額5000円の掛け金で最大30万円だ。手元に30万円あれば、別に医療保険に入る必要はない。もし、病気にならず掛け金を支払い続けるならば、完全に損をするのがわかっている。

ここに秘密がある。なぜ、保険会社が高齢者向けに安い掛け金で低い補償金を支払う仕組みの保険を争うように宣伝している理由が。

ページ面全体に宣伝しているサービスや商品は必ず裏がある。その裏にある事実をまず理解して判断すべきだろう。多くの人は、料金だけで判断してしまう。重要な説明内容は非常に小さな文字で新聞の片隅に書かれている。意図的に気が付かれないように書かれているのだ。

うまい話に必ず裏がある。

ある日、カーナビ製品の宣伝が朝日新聞朝刊にあった。ポータブルカーナビが たったの1万円という価格で大きく書かれていた。1ページ全体広告で価格を前面に出していた。右隅下に詳細説明が書かれていた。そこには、VICS対応なしと書いてあった。

つまり、

リアルタイムで道路の混雑状況を受信できないポータブルカーナビ製品なのだ。

VICS対応がないカーナビ製品はカーナビが提供する機能の半分も提供できていない。自動車を運転して事前に混雑状況がわからないと不便だ。混雑状況がわかれば、迂回して混雑していない道を選択できる。自動車を運転する人はその機能がこのポータルカーナビにあると思い込んでいる。

それが現在販売されているカーナビの標準機能であるからだ。

機能が劣る製品を目に見える形で分かりやすく説明していない過大広告の製品だ。なぜ、1万円なのかをちゃんと説明すればよいのにといつも感じている。購入者は、購入してからその機能がないことに気が付く。詐欺にあった気分になる。生命保険も医療保険も実際に保険請求手続きをするときに思っていた金額と違う金額を告げられて騙された感じになる。 

60年以上生きてきた人間ならば、普通以上に魅力的なサービスや製品の誇大広告を疑う事を学んでほしい。ビジネスは、騙しの世界の入り口あたりでいつも展開されている。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search