• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

若返るには好奇心を追求して好きな事をする:渋谷で開店したファットバーガー

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

私を含めて60歳を過ぎると興奮することが少なくなる。面倒なことはやりたくなくなる。新しいトレンドや出来事にそれほど興味を示さなくなる。自分の世界で都合の良い生活をやり始める。

その上、

体と精神が確実に衰えていっているのが分かる。心の中は、何か物足りなさを感じている。若い頃以上に感動する機会がない。何かに取り憑かれるような強い感情が起きてこない。人間は、新しいことを学ぶことを忘れると時代の流れに着いて行けなくなり、周りから置いてきぼりになる。それで社会から孤立し孤独を味わい始める。生きがいを感じることが難しくなる最終段階だ。

子供のような好奇心が新しい刺激と楽しさを与えてくれる!

今日、ランチを渋谷で新規開店のファットバーガー渋谷店でした。マクドナルドやモスフードなどのハンバーガーと違って肉のボリュームが違う。ファットバーガーは、赤身が多い。普通のバーガーでも赤身の肉が115gある。肉好きな人は、すごく魅力を感じるだろう。下記が私が購入し、食べたファットバーガーの写真だ。ダブルバーガーセット、1390円。

fatburger

注文後、その場でパティーを焼き始めるため待たされる。これは、Shake Shackのハンバーガーと同じだ。新鮮さを売りにしている。ジャンクフードと呼ばれる普通のファストフードのハンバーガーに嫌気を覚えるシニアならば、一度、ファットバーガーを試してみる価値がある。まだ、渋谷に1店しか無い。

menu

通常と違うと噂されているファットバーガーに好奇心を抱いた。Shake Shackのハンバーガーとの違いはどうか。コストパフォマンスはどうかなど気になる。好奇心がなければ、わざわざ、横浜から渋谷までランチを食べに行かない。好奇心は、行動を呼び起こす。脳と体を刺激する。

ハチ公前交差点近くにあるマグネットビル7階のファットバーガーで上記の疑問の答えを探してみた。

味: 私の好みとしてはShake Shackのハンバーガーの方が良い。

コストパフォーマンス: パティーの量は115gが普通のサイズになっているが、あまり違いを感じなかった。コストパフォーマンスは良くない。

店内は、日本人よりも外国人が多かった。平日のお昼過ぎであったためか会社員はいない。私の感じでは、大勢のお客を裁くだけの広さが無い。日本で流行する感じは私には感じられなかった。

私の好奇心を満たすだけの体験はしたが、一度限りで良い感じだ。

この記事「若返るには好奇心を追求して好きな事をする:渋谷で開店したファットバーガー」のポイントは、

  • 好奇心がある人は若々しい。新しい事や物に挑戦する。
  • 渋谷で開店したファットバーガー店で230gのハンバーガーを食べたが、Shake Shackの方が良かった。
  • 残念ながらファットバーガーは日本では流行しないだろう。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.