• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

シニアの容貌はその人の人生を表す

家内に良く言われる事がある。老人は容貌で判断されるから変な格好で外出しないで!!ヨロヨロの麻のシャツ(アイロンしなくても良いのだが)を着て外出しようとしたら、アイロンしたシャツを着て行って下さい!と言われてしまった。仕方なく、アイロンされていたシャツを出して着た。麻のシャツはヨロヨロになるのは自然なのだが・・・それが麻のシャツの魅力だと私は思っている。だが、家内はそう思っていない。というか、傍目から見える私の容貌に気を使っているのだ!

老人は汚くなり、醜くなる!シワやシミが顔は手のひらに目立ち始める!

女性がお化粧をするのは、美を追求するためであると思う。老人になると美から若さを追求するようになる。若さ=美なのだ。肌の老化、シワとシミは体全体の皮膚に増え始める。筋肉が減少し始めると皮膚の張りが無くなり、皮が垂れるような腕になる。

老化は人間の風貌を醜くくする。肌に付けるお化粧には限界がある。厚化粧をし過ぎるとお化けになる。私は、妖怪のような風貌のカリスマ経営者に会った経験がある。年齢として、80歳ぐらいの経営者だ。お金の亡者のような印象が記憶に残っている。その人の顔と容貌を見て「妖怪」という言葉が頭に浮かんだのだ。 

一方で非常にさわやかな印象を体全体で醸し出すシニア経営者にも会っている。酷いコントラストを覚えた。人間は、歳を取ると顔や体、そして、容貌にその人の人生を表す。 

自分自身に自分だけの人生のスタイルがある人は、その軸で風貌を形作るように思える。自分を若く見せたいと思っているシニアならば、ヨロヨロのズボンを履いて外出しない。地味な色のシャツよりも明るい色のシャツを選ぶ。男女ともに老人は洋服を派手な色にすると若さを演じられるという。

真夏の今は、麻のシャツ(アイロンされたもの)とズボンを履いて仕事に出ている。麻のシャツとズボンは風通しが良いので暑さを和らげる。若者たちが利用するスタバのカフェであるため、浮浪児のような格好の老人がパソコンを見ながら何やらやっているという印象を与えたくない。 

顔のシワやシミは隠しようがない。男なので女性ほど気にしない。シニアとして気を使うのは、目的を持って生きているという顔つきとビジネスマンであるという容貌だ。 

多くの老人は、当てもなく余り余った時間を持て余している顔つきをしている。顔を見れば、暇している老人であるかどうかはすぐに分かる。何か目的を持って行動している老人であれば、それが顔に出てきている。その違いは、誰が見ても分かる。秋になれば、毎日がスーツやジェケット姿になる私とジャンパー、ジーンズや綿パン姿とでは印象が違う。老人であればあるほど見に付ける物(靴、時計、メガネ、カバン、リュックなど)や洋服に気を使う必要がある。

体は老化で汚くなるがそれを隠すスタイルがあれば、スタイルが自分の印象を良くしてくれる。私は、筋肉の鎧を身に着けている。61歳とは思えない上半身を維持するために週2回スポーツセンターで筋肉トレーニングをしている。体格で若さを演じようとしている。 

肩幅が広くて胸板が厚いとスーツやジャケットが似合うと家内は言っている。定期的に運動しているのでお腹に贅肉はあまりない。61歳のシニアでない肉体作りをすることで自分自身の容貌を若く見せようと努力している

仕事を見つけて楽しんでいるシニアは、良い顔をしている。皆が皆仕事で恵まれないが、シニアが一生懸命働いている姿には若さを感じる。モスバーガー店のカンターで元気よく挨拶をしてくれるシニアの女性や男性は輝いている。のろのろした動きはなく、キビキビと仕事をこなしている。

生活に人生に緊張と張りを感じるシニアになりたいと思うのは私だけではないだろう!

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search