• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

老後の安心はお金を稼げることで生まれる

65歳を過ぎると働きたくても働く場所が見つからなくなる。働けないとお金が入ってこない。年金だけの収入で生活を賄うには心細い。70歳以降の老後が不安になる。65歳から70歳までは体力がまだある。何か自分でビジネスを始められる。そんなオプションが検討できる年齢だ。

年を取ってもお金を稼ぎ続けられれば老後は安心!

雇われてお金を得る生活は、65歳以降は難しい。不況になれば真っ先に高齢者が首になる。高齢者は雇用市場において弱者になる。会社雇用に頼る生活は65歳以降は諦めて自分を雇用する生活にシフトする必要がある。自分の力でお金を稼ぐという挑戦だ。

今まで雇われ生活をしてきた人は、自分でビジネスを起こすことに精神的な壁がある。ホントに私でも出来るのだろうかという心配事だ。失敗することを恐れる。シニアは保守的になるからだ。

年金受給者の強みは、年金を受け取れることだ。つまり、生活面で事業を起こす時間と負担に余裕が若者よりある。失敗を前提に何度もビジネスを起こす経験を積める。失敗は成功へのステップだからだ。

私は51歳の時に起業した。自分の足で生活ができるように成りたかったからだ。雇われ生活は、心の奥底でリストラにあったらどうしよう!そんな心配事でいっぱいだ。社内の目を気にしながら自分の将来に不安を持つ。60歳定年が近づいてくれば、定年後の再就職をどうしようかと悩む。

61歳になって自分なりに70歳以降のビジネスの指針が見えてきた。51歳からの10年間は、ビジネスが自己完結型でない顧客依存ビジネス形態であった。B-to-Bビジネスで法人が対象であった。61歳からの10年間は、C-to-Cビジネスで自己完結型にビジネスを転換しようとしている

B-to-Bビジネスは、自分に何かがあった時にクライアントに迷惑が行く。C-to-Cビジネスであれば、被害は自分だけだ。シニアが起業するときは、年齢から他界する可能性が高くなるので万が一の時にお客様に迷惑が行かないビジネスを選択するほうが良い。

自分で起こしたビジネスでお金を稼ぎ始めれば、リストラも定年退職もない。死ぬまで働き続けられる。ビジネスさえ上手く維持できればだが。毎月毎月一定収益が確保できれば、70歳になっても80歳になっても老後の生活で不安になる事はない。

お金が入ってくる生活は、経済面で生活苦という不安をなくす。

お金を稼ぐことが簡単にできれば苦労しないと誰もが言う。その苦労に挑戦する、しないで老後の生活が確実に変わる。挑戦者は、経済面で安心を手に入れる機会を得られる。挑戦しない人は、現実を受け入れるだけだ。

老後の生活に不安を今覚えている高齢者ならば、お金を稼ぐ方法を探し、考えて、実行することだ。最初から大金を稼ぐのではなく、お小遣いを稼ぐことから始める。自分でもお金を稼げるんだという自信を体感することが一番大切だ。

自分のビジネスを作り出すためにアルバイトやパートの仕事をしてビジネスの種を探す。ビジネスの種は、ビジネスが展開されている場所に転がっているからだ。種が見つかれば、その種を自分で育てることができるかどうかを判断する。

今、私はC-to-Cビジネスの種を育てている。この種が成長すれば、毎月生活で発生する費用ぐらいは何もしないでも賄えるようになる。ビジネスの種を育てることは、自分の子供を育てると同じぐらい面倒でわからないことが多い。簡単ではないが、少しでもお金を稼げるようになるとその苦労も耐えられる。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search