• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

60歳代のシニアはどのような生活をしているのか?

60歳代のシニアは、年金受給前のシニアと受給後のシニアで生活が変わる。年金受給前のシニア60歳から64歳までは、生活費を稼ぐために何らかの仕事をしている。65歳からは、年金受給がフルで頂けるのでその時点で働き続けるか、自由な生活を始めるかだ。

60歳のシニアは、定年退職した会社で65歳まで継続雇用されるか、別の会社に転職するか、派遣社員になるか、独立するか、または、パートとアルバイトをかけ持つ生活をするかだろう。60歳代は、働く気力と体力はまだある。60歳代前半の人は、まだまだ社会で働き続けるだけの資質を持っている。その意味合いで特別に変わった生活を送る人は少ないかもしれない。

65歳以降のシニアの生活は変わる!

65歳になると自分で決めなければならない事が生まれる。仕事を探して働き続けるか、完全退役で自由な時間を思うままに使う生活に入るかだ。65歳は、本当に第二の人生キャリアを模索する歳だ。働くにしても働かないにしても他界する前に時間をどのように過ごすかを決めておかないねばならない。それを怠ると訳のわからない余生を送ることになる。

65歳で仕事を見つけて働き続ける事を決断した人は、生活のリズムが今までとそう変わらない。午前9時から午後5時までの労働時間で生活をする事になる。または、パートやアルバイトで昼間の大部分を費やす生活になる。この生活が70歳過ぎまで続けられるかどうかは、その人の健康状態と勤め先の労働条件によるだろう。多くの人は、70歳で働き続ける事を辞めて自由な時間を求め始める。

自由な時間を求め始めた65歳と70歳以降のシニアは、思わぬ人生の落とし穴に出くわす。 

自由な時間ほど使いこなすのが難しい!自分で生活のスケジュールを決めて充実した生活を送るリズムが作れないからだ。働いていた時は、日中は仕事が生活のリズムを作ってくれた。仕事が無くなったら、何で日中の時間を使うかを見つけなければならない。人それぞれその使い方が違う。隣百姓のようなことは出来ない。本当の自分の人生を自分で組み立てる事になる。 

60歳代のシニアは65歳まで仕事を中心とした生活が続く。65歳以降は自分の人生を企画する力で多種多様な人生を送ることになる。大部分のシニアは、自分探しのような模索が続く。色々な事を試してみるが続かない。歳を取ると新しい事に挑戦するのが億劫になるからだ。強い関心を示すものに出会わない限り自主的な行動を起こさなくなる

年金で生活費を賄えるシニアであると好きでもない仕事を敢えてやらなくなる。自分好みの仕事を探そうとするが65歳以降のシニアの需要はない。仕方なく、外をぶらつく生活を始める。カフェで暇をつぶしたり、図書館で本を読んだり、公園で昼寝したり、デパートやショッピングセンターで人の流れを楽しんだりする。

誰が見ても暇を持て余した老人になる。

積極的に別なオプションを探し求める人は、NPO団体で半分ボランティア活動をする。お金がもっとほしい人は、ちっちゃなビジネスを起こして自営業を始める。趣味の園芸や野菜作りに没頭したい人は、土地を借りて農家の仕事をやり始める。65歳以降のシニアの生活は、バラエティーに飛ぶ生活になる。もう、同級生や同僚と言う仲間はいない!

65歳になる前に自分の老後人生を企画できる力がある人は、その企画案に従って目標を達成する生活を始められる。出来るだけ早いうちに65歳以降の老後生活をどの様な生活スタイルにしたいかを考えておくことだ。

私は、自分の得意とする分野でビジネスを続ける生活スタイルに決めている。経済的に余裕を持った生活を送るにはどうしても働き続けるしかない。自営業であるので今の仕事を出来るだけ続けられるようにする。独立して10年がたった。この10年間に今までに味わえなかった経験をした。幸い、寝込むような重い病気もしていない。ただ、時々ぎっくり腰で2~3日安静にしているくらいだ。

この歳になってもお金を稼ぐのは大変である。 会社にぶら下がった生活をしてきた会社員が自分の手足で生活するのが大変であることが分かる。

でも、

65歳以降は、自分で自分の生活費を稼がなければならない。そんな時代が近づいている。年金だけでは生活が出来なくなるからだ。出来るだけ、体力と気力があるうちに自分でお金が稼げる経験を積んで置くべきだ。タイムリミットは、あなたが65歳になった時だ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search