• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

住む場所で困った老人はどこで助けを得るのか?

社会的な問題として、目立たない高齢者の賃貸住宅探しがある。大家がお一人様老人を嫌がって賃貸住宅を貸さない。特に身寄りがない老人には冷たい。孤独死を恐れる大家。後始末が大変で負担が大家に降りかかる。孤独死した部屋は、特殊清掃と遺留品の処分で長い間空いた部屋を貸すことが出来なくなる。

お一人様老人の賃貸住宅を探すのは大変である。老後を賃貸住宅で過ごす高齢者は多くはないかもしれないが、困っている高齢者は存在する。長生きが尊ばれながら、長生きをしたらお一人様老人には冷たい。

お一人老人の賃貸住宅探しの救世主:R65不動産

老後を一人で生活をする老人がこれから増えてくる。身寄りがある老人たちは、選択できる幅がある。子供が住む家に呼び寄せられる。子供が住む家の近くの賃貸住宅に住む。子供が保証人になるので大家も安心。自分で自宅を売り、有料老人ホームに入る。友達と一緒にシェアホームに入る。身寄りや親しい友人がいれば、住む場所を探す上で苦労はない。

R65不動産は、65歳以上の高齢者向け賃貸住宅仲介サービスを行っている。

今借りている賃貸住宅が古くなり、建て替えで退去せざるを得なくなった高齢者が問題を抱える。次に住む賃貸住宅が見つからないのだ。何らかの事情で賃貸住宅を退去して探さざるを得なくなった高齢者は、老人になって初めて賃貸住宅が簡単に借りれられないという壁にぶつかる。

子供がいない老人が長生きすると身寄りの数が少なくなる。頼りになる身寄りも見つからなくなる。金銭的に問題がなくてもお一人様老人は大家さんにとってリスクと写る。あと、10年ぐらいしたら今の団塊世代の老人はお一人様老人になるだろう。伴侶が途中で他界する可能性が高い。

持ち家、マンションであれば、住居という面では問題ない。もし、賃貸住宅での生活であるならば、できるだけ民間の賃貸住宅ではなくUR賃貸住宅に住まいを構えるべきだろう。

住む場所や好みでUR賃貸住宅が難しい場合は、R65不動産にお問い合わせをして見る価値がある。何かと相談に乗ってくれるはずだ。

現在、30歳代から50歳代の独身者はできるだけ早い時期に持ち家か、マンションを確保すべきだ。賃貸住宅は、老人に対して冷たい。好きな場所、賃貸住宅を選択できなくなる。将来の問題を見据えて今解決できる事を65歳前までに解決すべきだろう。

数十年先の住宅状況は、少子高齢化が進み空き家だらけになる日本だが、利便性の高い賃貸住宅は競争が激しい。老人は、生活をする上で便利な場所に住居を構えるほうが良い。そんな場所は、自然と競争が激しい。老人だけでなく全ての人がそんな場所にある賃貸住宅を求める。

衣食住の中で住居は生活の基盤になる。

自分の老後を想像して今からその老後を叶えられる場所に住居を構える。その判断は、30歳代後半から40歳代前半になるだろう。若い内に自分の老後をイメージするのは悪くない。老後は必ずやってくる。老人になってから慌てても始まらない。準備できることは先に準備しておく。

若い時の問題は、時間が解決してくれる場合が多い。だが、老人が抱える問題は解決するまでの時間が少ない。未来の社会が老人に対して優しい環境を提供してくれれば良いのだが。R65不動産は、社会構図の歪で問題を抱えているお一人様老人に救いの手を差し出している。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search