• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

今まで出来ていた事が出来なくなる老後の生活を知る

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

老人は、若者が普通に出来ることが出来なくなる。60歳と80歳以上の老人では、身体的に出来ることと出来ないことが顕著に出る。60歳の老人(シニア)は、ほぼ、若者と同様な生活が出来る。身の回りのことは、自分の体力で対応ができる。80歳以上の老人になるとこんな作業が出来なくなる、または、辛くなる。

出来なくなる日常の作業は、

  1. 庭掃除(草取りなど)
  2. お風呂掃除
  3. 重い家具の移動
  4. 布団の出し入れ
  5. ゴミ出し
  6. 大量の食料買い出し
  7. 洗濯

まだ、あるかもしれないが全て体力と筋力の衰えから来ている。リストした項目は、若者にとって見れは大した作業ではない。60歳代のシニアでも出来ることだ。

長生きをすると「今まで出来ていたことが出来なくなる」という体験を味わう。老化を感じ始める人の多くが、この体験をする。

肉体が衰えて行く

もうすぐ92歳になる義父は、足の筋力低下以外に身体的に問題がないというほど健康だ。一人で自炊をして生活をしているが、週一度私たち夫婦が生活支援で実家に泊まる。彼が日常出来ないことを代わりにやってあげる。

 やってあげていることは、上記にリストした内容が多い。体力を要する作業だ。91歳の体力は、個人差が有り過ぎる。彼は特別に運動をしてきたわけではないが、元気だ。認知症の症状も全然ない。

ただ、

聴力、体温の調整機能、味覚機能などが落ちてきている。老人性難聴で補聴器をつけているが十分な機能を果たしていないようだ。普通の人が当たり前に享受している体の機能が落ちてくると生活面で制約が出てくる。

脚力の低下は、外に出て楽しむ生活を出来なくする。彼の脚力は、半径100メートル以内ぐらいしか無い。その範囲で自炊に必要なものを買って生活をしている。半径200メートル以内にスーパー、コンビニ、床屋、銀行、郵便局、医療機関、駅、レストランなど生活に必要なサービスを受けられる環境がある。

老人が住むには非常に便利な場所だ。

気楽に行きたい場所に足を伸ばすことが出来なくなる生活は、誰にとっても面白くない生活だ。脚力を失い始めると自分で行きたい場所にいけなくなる。美味しい料理を食べれるレストランにも行けなくなる。自分で行動できる範囲が狭まると生活で必要な銀行、役所、病院、スーパーやコンビニへのアクセスが重要になる。 

お風呂にゆっくり入る行為も贅沢な行為になる。お風呂からシャワーに変わる。お風呂はお風呂掃除が伴う。シャワーであれば、掃除らしい掃除もいらない。

失禁(大小便を抑制できずにもらすこと)対策で大人用おむつを使う生活になる。肉体の機能低下は、老後の生活で避けることが出来ない。63歳になってから私の身体機能に異変が起きた。鼻水が食事をしている最中に出始めることだ。水のような鼻水だ。酷くはないが、食事をする時間が長くなればなるほど鼻水が出やすくなる。ラーメン屋うどんを食べている時に経験する鼻水に似ている。

今までに起きなかった異変だ。

雨の日に傘を指して外出する。手で傘をさし続けてから傘を下ろすと肘あたりの筋が痛くなる。50歳代にはあまり経験しなかった出来事だ。傘をさし続けるために使っている肘周辺の筋肉が老化してきているのだろうか。使い慣れていない筋肉を使うと筋肉痛が発症するのと同じだ。別に筋肉痛が後であるということではないが、曲げていた筋肉を伸ばす行為だけで痛みを覚えるのは、おかしい。

どんな運動でも同じ姿勢で筋肉を使い続けると痛くなるのと同じだ。問題は、痛くなる状況が今まではあまり感じていなかった状況に起きることだ。傘をさし続けていた肘を伸ばすと肘の筋が伸ばされる。その時、痛みが出る。痛みは持続しない。何度か肘を曲げたり、伸ばしたりすれば、痛みは自然と消えて行く。

今までに経験したことがない異変が体に起きてくる。

この記事「今まで出来ていた事が出来なくなる老後の生活を知る」のポイントは、

  • 老人は、若者が普通に出来ることが出来なくなる。
  • 長生きをすると「今まで出来ていたことが出来なくなる」という体験を味わう。老化を感じ始める人の多くが、この体験をする。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search