• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

70歳代、80歳代の老人が筋トレをしているスポーツセンターの午前中

62歳の私は、毎週火曜日と土曜日に地区のスポーツセンターにあるジムで筋トレをしている。今日は午前中にジムに行った。70歳や80歳代の老人が4,5人筋トレをやっていた。火曜日の午前中にスポーツセンターに来れるのは、高齢者か、大学生ぐらいだ。

土曜日は、いつも、午後13時頃に行く。年齢層に幅がある人たちが筋トレをやっている。目立っている年齢層は、20歳代と50歳代だ。週末のジムは、若い人たちが多い。70歳や80歳代の老人はやってこない。筋トレで使う器具が若い人たちに独占されるからだ。

70歳や80歳代の老人はどんな筋トレをしているのか?

女性と男性で筋トレの種類が違っているように見える。70歳代の女性は、筋トレマシン(足の筋肉と上半身の筋肉)を使っている人が多い。男性は、筋トレマシンに加えてダンベルを持って腕の筋肉を鍛えている人が目立つ。 70歳代にしても80歳代にしても足の筋肉は必ず鍛えている。

女性男性を問わず、太った老人たちが多い。筋トレに来ている理由は、体重を減らして成人病予防をしているのではと思う。体重を減らすには、足の筋肉と背中の筋肉を鍛えると効果が大きい。足と背中には、大きな筋肉があり、消費するカロリーが大きいからだ。

老人の筋トレは、無理をしないで時間をかけてジムに通う事がポイントだ。若者と違って一度に頑張りすぎると傷んだ筋肉が回復するまで時間がかかる。ちょっとづつ、基礎体力を上げて行く筋トレが良い。私は、長年筋トレをやってきているため筋トレの体になっている。無理をしても何とか回復できる。

筋トレに不慣れな老人は、毎日ちょっとづつ上半身と下半身の筋肉を刺激して行くだけで効果を体感できる。毎日30分でも1時間でも良いから筋肉を鍛え続けるという習慣が大切だ。毎日30分半年続ければ、上半身と下半身の筋肉に違いを感じ始めるだろう。

ただし、必ず、運動後に牛乳やバナナなどのたんぱく質を含む食べ物を取ることだ。筋肉を作るためには、タンパク質が必要だからだ。運動後、30分以内にタンパク質を含む食べ物を体に入れると効果的に栄養を体に取り入れてくれる。手頃なのは、コンビニなどで売っている牛乳パックだ

筋トレ中には、水分の補給が必要だ。老人は、知らないうちに体から水分が出て行っている事に気が付き難い体になっている。私も喉が乾いたら直ぐに水道水やスポーツドリンクを飲んでいる。

一人80歳代の老人で筋トレに熱心な人がいる。見た目は、痩せていて歩く姿も力がない印象を与える。本当にそんな姿で筋トレが出来るのだろうかといつも心配して観察している。今日などは、上半身を鍛えるラットプルダウンマシンを使っていた。

細い腕で一生懸命上半身を鍛えていた。彼は、毎日午前中筋トレを30分ぐらいやって帰って行く。時々、スポーツジムの女性スタッフと無駄話をして会話を楽しんでいた。

誰かが彼の姿を見れば、「えぇ!こんなヨレヨレの老人が筋トレをするの!」と思うはずだ。

筋トレに年齢制限はない。やる気さえあれば、基礎体力を付けながら筋トレが出来る。スポーツジムの平日の午前中は、老人がゆっくりと筋トレマシンを独占できる時間帯だ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search