• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

足の筋肉を太らせるにはこれをするだけで良い!

70歳を過ぎた頃に高齢者は足の筋力の衰えに気が付き始める。同時に、太ももが細く成り始めている事もだ。70歳代のシニアは、体力の低下、免疫力の急激な衰え、筋力の衰えという問題に直面する。老人に成ると今まで経験した事が無い体の変化に驚き始める。

足の筋肉を太らせたい。足の筋力を強化したい。そんな70歳代のシニアが増えている。

テレビでも新聞でも週刊誌でもシニアの筋トレを奨励している。筋トレを始めても続けられない高齢者が多い。これは、どうしようもない。緊迫感を持って真剣に取り組んでいる人たちだけがその恩恵を受ける。やればやっただけ筋肉は答えてくれる。実に平等だ。それを知らないシニアが多い。

だから、筋トレを途中でやめてしまう。

足の筋力と筋肉を強化したいならばこれをやれば良い!

stair stepup

階段の上り下りを日常生活に取り入れる事だ。毎日、散歩のついでに公園で階段を見つけて足の筋肉が痛くなる一歩手前まで上り下りをする。これだけで良い。

私は、通勤で最寄りの駅にある階段を一段飛びして上がっている。毎日、駅を利用するので階段を一段飛びする事が当たり前になっている。体は不思議なものだ。最初は苦しかったが、次第に体が慣れてくる。体が慣れてくると言う意味は、毎日階段を一段飛びしていると足の筋肉が鍛えられて負荷に対応するよう筋肉を太らせる。

意識してスポーツセンターのジムで筋トレをするよりも日常生活の中で当たり前のように体を鍛えたほうが習慣に成り易い。駅の階段は、必ず、一段飛びして上がると決めている。これが習慣になるとどの階段でも一段飛びして上がる癖がついてしまう。一段飛びして上がると息が切れやすいが次第に耐久力もついてくる。

シニアは、最初から無理をせずに耐えられる範囲で階段を上がって行けば良い。ポイントは、エスカレーターやエレベーターを使わないで階段で上がるという事だ。

シニアの体は、老化で筋肉が体から失われ始める。体を活発に動かさない生活に入るからだ。体が楽を楽しみ始めると筋肉も楽し始める。筋肉が楽をし始めると筋肉を失い始める速度を速める。

老人の手足の筋肉が細くなる姿は、筋肉を使わない生活にドップリと漬かってしまった結果だ。

階段の上り下りの運動は、誰にでも出来るし、無料だ。必要な事は、階段の上り下りを好きになる事だ。運動習慣として階段の上り下りを身に付ける事だ。それだけであなたの健康寿命も延ばせるようになる。足の筋力を失うと老人ホーム行きだ。人のお世話に成る。行きたい場所へも行けなくなる。

駅に行く事が有る時は、人々がエスカレーターと階段のどちらかを使っているか観察をしてみると良い。階段を使っている人たちは、健康意識が強い。シニアが階段を使っていたら、そのシニアは足腰を鍛えている人だ。

この記事「足の肌肉を太らせるにはこれをするだけで良い!」のポイントは、 

  • 70歳を過ぎた頃に高齢者は足の筋力の衰えに気が付き始める。老人に成ると今まで経験した事が無い体の変化に驚き始める。
  • 足の筋肉を太らせたい。足の筋力を強化したい。そんな70歳代のシニアが増えている。
  • 階段の上り下りを日常生活に取り入れる事だ。毎日、散歩のついでに公園で階段を見つけて足の筋肉が痛くなる一歩手前まで上り下りをする。これだけで良い 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search