ネジ頭が丸くなりネジが取り外せない時に使う工具(一発で解決!)

ダイニングテーブルの椅子が古くなってきた。座席の革が擦り切れたり、破れたりしている。これを全て購入先のお店に依頼して革を張り替えようとすると6脚10万円ぐらいかかる。自分で革を張り替えれば、材料費5千円ぐらいで済む。椅子の座席は、2つのM5ネジで止められている。

一つの椅子のネジがどうしても取れないという問題に直面した。ドライバーで緩めようとするのだが、左に回すべき所を右に回してしまったためにキツく閉まってしまったのだ。それに気が付いた時は、既に緩めるのが難しいほどキツく閉まってしまった。何度も左回しにドライバーを回そうとするのだが、十字のネジ頭が丸くなってドライバーが空回りするのだ。

ネジ頭が丸くなって取れないネジを一発で取れる工具を見つけた!

ANEXネジ取りインパクト No.1903-Nを使って取れないネジを取ることが出来た!

ANEX

この工具は、ホームセンター等ですぐに買える。アマゾンでも購入できる。価格は1800円ぐらいだ。これ一つ有れば、ネジ頭を丸くしてしまっても焦る必要はない。私は、今回初めてネジ頭が丸くなってアタフタしてしまった。この工具のことを知る前に便利屋さんに電話してネジ取りをお願いしたのだが5000円費用がかかると言われたので別の方法がないかと探していたらこの工具を見つけて購入し、やってみた。

幸運にもこれで一発解決した。 

便利屋さんには申し訳ないがネジ取りトラブルシューティングのキャンセルをお願いするメールを送った。 この工具の使い方は非常に簡単だ。3ステップで解決してしまう

nejitori step

6脚の椅子座席を全て取り外して新しい革に張り替える。ネジはきつく締めないで緩めて閉める。ネジ頭が潰れてしまったM5ネジを新規に購入して使えるようにした。今までにネジで困ることがなかったので今回の経験は、有益であった。こんな工具が販売されているということは、私と同じようにネジ頭を丸く潰してしまう人が多いからだと思う。

もし、ネジ頭を潰してドライバーが使えなくなったらこの工具をホームセンターで購入して使ってみると良い。一発で解決するだろう。 

 

Search