• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

70歳から80歳が免疫力低下の危険年齢ゾーン:この世を病気で去る人が多い

先月中旬、私が住んでいる集合住宅の知人が突然、心筋梗塞で倒れた。夜中の2時頃、トイレの中で意識を失って倒れていたという。78歳だったそうだ。男性の平均寿命は、80歳ぐらいだから50%ぐらいの男性は、80歳まで生きられないということだ。70歳を超えると免疫力が急激に落ちてきて色々な健康障害が体に発症する。

60歳を過ぎた人は、免疫力の衰えを防ぐ努力をする必要がある。何もしないと70歳代に深刻な健康障害で80歳まで生きられないかもしれない。

本気で健康を気遣う年齢は70歳から80歳だ!

70歳から老化現象が目立ち始める。筋力の衰えを自覚し始めて毎日散歩をやり始める人が多い。筋力と免疫力の低下は、70歳代に浮上する。そうなる前に何かをしなければならない。

私が一つだけ分かっていることは、筋力の衰えを改善するために筋トレを週2回程度することだ。筋トレを続けると免疫力も自然と強化されるという。定期的な運動習慣が身に付けば、あとはバランスの取れた食事だけだろう。体に良いと言われる食物を食べる。

シニアにとって欠かすことがない食べ物は、タンパク質が多い肉、魚、大豆などだ。筋肉を増やす材料になる。腸内環境を良くする納豆、ヨーグルトや血糖値を調整する梅干し、そして、色々なビタミンが含まれている海苔などが健康に良い。

食が細くなり食欲が減るシニアは、食生活を豊かにする必要がある。定期的な運動習慣が身に付けば食欲も旺盛になる。自然と新陳代謝も改善される。

病気にならない生活を心がけるのだが、具体的にどのような生活が良いのだろうか。 

  1. 1日に1回以上は笑う
  2. 昼寝をする
  3. 「ハレとケ」がある生活
  4. 食卓の上に果物がある
  5. 夫婦で会話を楽しむ
  6. 生き甲斐を持つ

精神的にネガティブな思考が生まれる生活は、体に良くない。70歳になったら、ケ・セラ・セラな人生(なるようになるさ)を少し送っても良いのではないだろうか。老後の不安は尽きない。何をしても不安はついて回る。不安を友達にしてうまく付き合うしかない。笑いがある生活は、心が軽くなる。笑いで免疫力を強化できるとも言われる。

私はまだ63歳で肉体も精神面も若いと思っている。この状態が70歳過ぎまでも続けば良いと願っているが、老いてくるのは避けられない。自然の運命を受け入れながら、自分が今できることをやるしかない。

78歳で他界した知人は、何度か顔を合わした人であったが非常に愉快で楽しい人だった。日常、顔を合わす機会は多くなかったが自治会などで顔を見ることが多かった。彼の奥さんは私の家内の良き運動仲間である。家内から知人が他界したことを知った。人間誰しも生と死がある。この世界での生活が終わる日は必ず来る。

彼の人生の旅が、良き旅であったことを願っている。

この記事「70歳から80歳が免疫力低下の危険年齢ゾーン:この世を病気で去る人が多い」のポイントは、

  • 先月中旬、私が住んでいる集合住宅の知人が突然、心筋梗塞で倒れた。
  • 70歳を超えると免疫力が急激に落ちてきて色々な健康障害が体に発症する。
  • 筋力と免疫力の低下は、70歳代に浮上する。そうなる前に何かをしなければならない。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search