• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

VISAプリペイドカードはあなたを貧乏にさせるツール

VISAプリペイドカードとSUICAカードは同じようで同じではない仕組みがある。SUICAカードは、お金をカードにチャージする。チャージした以上の支払いはできない仕組みだ。その点、使えるお金の限度額が多くても1万円である。SUICAカードの盗難にあっても最悪1万円の被害でしかない。

VISAプリペイドカードは被害が大きくなるので危ない!

VISAプリペイドカードの危ない点

VISAプリペイドカードの危ない点は、指定した引き落とし銀行口座から即引き落としになり残額いっぱいまで使える仕組みになっている。使える金額に上限がない点だ。

特定目的で残額を固定している口座ならば、例えば、SUICAカードのように自分で上限額を1万円にして使うならば問題は最小限に抑えられる。そのコントロールが自分で出来るならば良いが、多くの人はそのコントロールを失う傾向がある。

知らないうちに口座の残額を増やしてVISAプリペイドカードを使い始める。日常使うクレジットカードのように使い始めると使い癖が身につく。VISAプリペイドカードは、お金の使い方を楽にする仕組みだ。無駄遣いを助長させる。

お金が溜まる人は、お金を気楽に使えるツールを身に付けない。できるだけ、お金を気楽に使わない習慣を身につける。

SUICAカードは、お金を使い過ぎないようにするために1万円という上限を強制的作っている。VISAプリペイドカードは、上限を使う人が作らねばならないし、上限のあげることが簡単にできてしまう。お金の使い方がルーズな人ほど気楽に使えるツールにマヒしてしまう。

人間は弱いもので知らないうちにお金のいやすい仕組みにハマってしまう。VISAプリペイドカードは、使ったらすぐに銀行口座から引き落としになる。普通のクレジットカードは、支払いが1か月先になるので何か問題があれば支払いを止める事が出来る。

本当のお金持ちは、質実剛健でしっかりと自分のお金の使い方をコントロールしている。コントロールできているからお金が溜まる。お金を使いやすくする罠を極力避けるアンテナがある。

年金生活をしているシニアならば、絶対、VISAプリペイドカードを作らない、使わない!事である。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search