• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

シニアのブロガー:若者が書けない人生のメッセージで勝負

シニアと若者の違いは、人生経験にある。

シニアは過去の時代を肌で感じ取って記憶している。若者は過去の時代をシニアと共有できる経験幅がない。多くの若いブロガーは、人生経験よりも自分たちの好奇心を満たす新しいガジェット、例えば、スマホなどをテーマにして情報集めをしている。

ただ、

シニアは若者と同じようにブログサイトを取り扱うことが出来ない。インターネットに関する全般的な知識と経験がないからだ。

シニアが書くブログの内容は自分の人生と老後の生活が多い!

シニアの最大の関心は、老後の生活である。

定年退職後、一般的な社会のキャリアパスから解き放たされる。自分で自分の道を選択して残りの人生を楽しめ、苦しめ、冒険しろとくる。子育ても終わり、夫婦二人で新婚時代にもう一度戻る生活になる。

しかし、

新婚時代と全く同じ生活には戻らない。男性は、夜の欲求を妻に求めても妻はその欲求が消えてしまっているという行き違いが生まれている。シニア男性は、本能から生まれる欲を解消しようと妻に訴えるが妻の本能はそれを失っている。既に子供を産んで用済みの本能だからだ。

夫婦仲が良ければ、一緒に時間を過ごすことを楽しもうとする。二人で一緒にいることが楽しいという夫婦と一人でいるほうが楽だという夫婦が生まれる。酷いケースは、定年退職後の離婚だ。老後の離婚は、積もり積もった夫への恨み節ではないか。

不幸にも没イチになったシニアは、自分の老後の生活を一緒に過ごしてくれる相手を探し始める人が多い。人生100年という時代に突入したからだ。今、60歳ならばあと40年生きるチャンスが有る。仮に40年生きられるならば、一人で生きるよりも新しいパートナーと一緒に楽しみたいと思うのが自然ではないか。

定年退職後に新しい仕事をしていても年齢が70歳を過ぎる頃、仕事も手から離れる高齢者が多い。普通の仕事ができる、継続できる体でなくなるからだ。老化で体力が続かない。健康を害すれば、病院と自宅を通院する生活になる。

とてもバラ色の老後生活にはならない。 

年を取れば取るほどバラ色の余生を過ごすには、「体が資本」がベースになる。健康寿命を維持できていない高齢者は、普通の生活という幸せな環境から崖に落ちる。

老後の生活を楽しむためには、(1)健康で普通の生活が出来ていること、(2)生活費の面で問題を抱えていないこと、(3)与えられた時間を持て余さない生き甲斐を持つことである。

若いものに(1)健康で普通の生活が出来ている事を老後の生活を楽しむために必要だと話してもピンと来ない。普通の生活が出来ていない老人たちが多いことを知らないから、肌で感じていないからだ。

1日中介護ベッドで生活をしている老人の姿を想像してほしい。トイレへも自分で行けない不自由さを想像してほしい。歳を取った生活は、当たり前のことが当たり前に出来なくなる生活になる。 

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search