• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

60歳代のシニアは情熱を燃やす挑戦が必要だ~人生一度しか無い

人生は一度しかない。

会社勤めが長いシニアは、サラリーマン生活以外の世界を知らない。この世の中には、色々な世界が存在する。色々な世界は、人々に生きて行く上で色々な機会を与えている。会社勤めの世界はその中の一つにすぎない。

60歳を過ぎれば、別の世界でひと暴れしても良いのではないかと私は思っている。今までの経験とスキルを自分がやりたいと思ったことに投入する。60歳代は、健康で体力も有り、退職金もある。今まで経験したことがない新しい事に挑戦できる最後の機会ではないか。

世の中の変化に押し潰される前にやりたい事をやる機会が目の前にある!

自主的に動いてみないと現実は分からない。本の世界や頭の中での想像は、今見ている現実の世界とは違う。たくさんの情報が色々なメディアから発信されている。色々な世界から情報を発信する道具を持つ人、団体、組織が自分たちが信じる目的のために発信しているのだ。人によって耳にも入らない情報から共感を呼ぶ情報まで色々発信される。

60歳から70歳の間が、健康、体力、気力(情熱)の面で新しい人生に挑戦するだけのエネルギーがある

この機会を逸すると会社にぶる下がった生活以上の人生を味わえなくなる。植木等 映画「サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだ」がある。会社員として組織の中で居続けられるならば、良いのだが年齢制限が必ずある。政府が65歳まで定年延長を推し進めているが、誰もが職を維持できるという保証がない。その上、65歳以降は退職になる。

サラリーマンは気楽な家業と言えども時代によりけりだ。2017年以降は、シニアがシニアのための仕事を創造する時代になる。シニアの生活を安定させるため、シニアに生き甲斐を与えるため、シニアが社会との接点を失わないためにもシニアの存在と価値を見出す仕事を創造する必要がある。

自分の力だけでお金を稼いで生活をした会社員はいない。会社員は雇用されて給与を頂いて生活をしている。定年退職した会社員は、自分の力でお金を稼いだ経験がない。その経験を求めるならば、まずは個人事業主となって1円でも良いから自分の能力を全開し1円以上の売上を稼いで見るべきだ。

会社で部長まで昇進できなかった女性経営者がいる。彼女によれば、元の会社で部長になるよりも起業して会社を設立し社長になった方が早かったと言う。もし、万年平社員で定年を迎えたならば、起業に挑戦し社長業を経験する挑戦をしてみるべきだ。

雇われ社員と経営者とでは、見える世界が全然違う事に気付くはずだ。

安易な雇われ生活を求めて自分を雇ってくれる会社を探しても決して自分の欲求を満たす雇用先は見つからない!高齢者は、主戦力としてみなされない風潮がまだある。今まで以上に働く事に情熱を失う。何のために働いているのかが分からなくなる。

生活費を稼ぐためだと言うだろうが、誰かに管理・コントロールされた生活が65歳頃まで続くだけだ。その後は、勝手に自分で仕事を作れとなる。どんなに藻掻いても年寄りになれば解雇となる運命がある。

一生を誰かの指示と管理下で終わる生活が、幸せなのだろうか。私は疑問に思う。人生は一度しか無い。自分の人生を自分の采配で泳ぎ回る選択の自由がある。自分で起業するよりも他人に雇用してもらった方が楽だ、安心だと思っているならば、年齢で雇用されなくなったときを想像してみて欲しい!

自分で起業するには歳を喰い過ぎたと気がついても遅い!人生は一度しか無いということを60歳になった時に考えて、新しい人生を踏み出す勇気を持つことだ。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search