• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

なぜ、定年退職後に生き甲斐を失う人が多いのか?

会社の仕事に溺れている仕事中毒の人は、会社を定年退職すると一般的に生き甲斐を失い、毎日が日曜日の生活で苦しめられる。ある意味、定年退職は燃え尽き症候群の始まりだ。次に熱く燃える生き甲斐を自分で見つけない限り、何に時間を使ったら良いかが分からない。会社組織で働くのは楽だ。やるべき仕事が上から降ってくる場合がほとんどだからだ。

高校、大学を卒業した時点で大きな人生の節目に出会う。自分でお金を稼ぐ必要が出てくる。安易な方法は、大企業に雇用されることだ。大企業がだめならば中小企業で働くという選択だ。中には、家業を継ぐ人もいるし、起業をする人もいるが数は少ない。多くは、終身雇用制で成り立っているサラリーマン生活を求める。

サラリーマン生活は、会社が倒産しない限り毎月安定した給与が社員に支払われる。それが定年退職の年齢まで続くので楽な稼業になる。そんな環境で長年仕事をしていると会社に頼らないで自分の力だけでお金を稼ぐという発想が生まれなくなる。所属する会社の中で自分の生きがいを見つけるしかない生活になる。部長になること、役員になること、社長になることなどが生き甲斐かもしれない。

社長になりたければ、起業すれば良い。誰でも起業すれば簡単に社長になれる。会社員は、なぜか、その選択を取らない!何故か!

野犬とペットの犬の違い

野犬は、自分の命を自分で守っている。毎日、生活に必要な食べ物を探して生きている。自分が動かなければ生きて行けない世界に身を置いている。ペットの犬は、飼い主に100%依存して生きている。良い飼い主に飼われれば、毎日の食べ物は心配する事が無い。可愛がられれば、ゆりかごから墓場までお世話してくれる。

ただ、

身勝手な飼い主に飼われると突然捨てられる。野良犬になる。雲隠れした飼い主を探しながら、うろたえるのだ。飼い主を失ったペットの犬たちは、飼い主が生き甲斐であった。突然、生きがいである飼い主がいなくなるとペットの犬の生き甲斐も消えてしまう。野良犬になって新しい生き甲斐を見つけなければ、生きて行けない。自分で餌を探して食べて行く力が無いと死んでいく

野犬は生まれながらにして自分の力に頼って生きて行く事を学んでいる。ペットの犬はそれが出来ていない。生まれたら飼い主がいたという環境だ。

定年退職後に生き甲斐を失った元会社員は、ペットの犬と同じ立場になる。飼い主に忠誠を誓って飼い主を喜ばせてきた。飼い主の機嫌を損ねると野良犬になる。野良犬の生活は未知の世界であり、恐怖の世界でもある。あまりにも安全で心地が良い環境で人生の大半を過ごし過ぎると一人の力で生きて行く術を失う。

元ペットの犬は、自分の力で自分に合った生き甲斐を見つける旅に出ざるを得ない。生きて行くための「餌探し」だ。当分の間、食べる物に困らないが、毎日が日曜日になる。精神的な充実感を満たす「餌」がない。仲間がいない。群衆の中の孤独な一人になる。新しい生き甲斐を見つける努力が要求される。

新しい飼い主を見つけるか、野犬となって自由を満喫するかだ。どちらも、自分が動かねば何も始まらない。動かない人は、ただ、生き甲斐が見つからないと嘆くだけだ。嘆きながら楽な生活に身を任せて認知症になって行く。何もやる気が起きない精神状態になって行くのだ。そんな状態になった人は精神的に限界を覚え始める。

そんな知人を何人も知っている。元は大企業の役員とか部長さんたちだ。自分では何も出来なくなってしまったのだがメンツだけを重んじる。そんな老人だ。本当に実力がある会社員は、起業が出来る。一人で生きて行くリスクを取れる。定年退職後に自分のリスクを取るアクションをするか。しないかだ。

この記事「なぜ、定年退職後に生き甲斐を失う人が多いのか?」のポイントは、

  • 会社の仕事に溺れている仕事中毒の人は、会社を定年退職すると一般的に生き甲斐を失い、毎日が日曜日の生活で苦しめられる
  • 所属する会社の中で自分の生きがいを見つけるしかない生活になる。部長になること、役員になること、社長になることなどが生き甲斐かもしれない。
  • 本当に実力がある会社員は、起業が出来る。一人で生きて行くリスクを取れる。定年退職後に自分のリスクを取るアクションをするか。しないかだ。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search