• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

老後の生活に不安がある

老後の生活に不安がない高齢者がいるだろうか。極少数の高齢者かもしれない。老人は色々な悩みを抱き始める。必ずしも経済的な悩みだけではない。裕福なシニアでも悩みは多い。悩みがないシニアなんていないだろう。贅沢な悩みと思う悩みもある。深刻な悩みもある。不安は老人にとって余生を活発に生きさせるための刺激かもしれない。

カフェでコーヒーを飲みながら耳に聞こえてくる老人の会話内容を考える!

65歳から70歳代のシニアの女性が50歳代の中年女性たちに老後を一人で生活するのは大変だと話していた。旦那を早く失うと主人の年金を失う。その代りに遺族年金が支給されるが、その金額は主人の年金額よりもかなり低い。主人が会社員であれば、受け取っている年金額の4分の3程度になる。自営業者であると寡婦年金か死亡一時金のどちらかを選択できるが、金額は期待できないものだ。

この方は、旦那が先に他界したため自分の年金と旦那の遺族年金、それに、貯蓄だけで生活をしているらしい。一人で生活をしているとそのライフスタイルを維持できなくなった時にどうしようもない不安が襲ってくる。

老人ホームや介護施設に入りたくても十分な金融資産が無いと支払いが続かない。そうなった場合は、一体私はどうなるの!と言った不安を話していた。残された妻に定期的な収入があれば、それで生活支援サービスを利用できるが年金と貯蓄ではお金は先細りになる。

この問題は、多くのシニア女性に共通する。

まだ夫婦で生活が成り立っているシニアならば、旦那は、妻の老後の生活について対策を今から準備すべきだろう。何時、先に亡くなるか分からない旦那たちだ。男性の方が先に他界する可能性が高い。

一人になる最愛の妻のために今から何を準備すれば良いのだろうか?十分な金融資産があれば、今から相続対策をしてお金で困らないようにしてあげるとか。裕福な旦那であれば、それが出来る。多くのシニア男性はそれが出来ないだろう。個人差がありすぎる。私は十分な金融資産が無いので出来ない。

多くのシニア男性は私と同じだから、私が今準備している方法を参考にしてもらいたい。但し、出来る人と出来ない人がどうしても生まれるのでその点はご了解を。

私はインターネットの職人を仕事にしている。ホームページをシステムで構築できるスキルを持っている。そのスキルを使って法人サイトの構築や保守をして生活費を稼いでいる。そのため、インターネットビジネスでお金が自動的に妻の銀行口座に振り込まれる仕組みを作る事が出来る。

Google Adsenseでクリック広告収益を得る 

グーグルのアドセンスクリック広告ビジネスは、誰にでも出来る。上手くお金を稼げるか、稼げないかは個人差がある。多くの人たちは稼げない。出来る人だけがその恩恵を受けるビジネスだ。申込先で詳しい説明があるので参考にしてもらいたい。検索サイトでグーグル アドセンスとは で検索すればその説明が書かれているサイトが沢山出てくるはずだ。

グーグルアドセンス広告ビジネスを始めるには、多くの読者を集めるホームページが必要だ。情報を簡単にワープロ感覚で発信が出来るホームページがツールになる。私は自分でそんなホームページシステムを好きなだけ構築できるのでツールには困らない。 

多くのシニア男性は、お金を支払ってホームページシステムを構築依頼するか、既にシステムが出来上がっているASPサービスを使うかのどちらかになる。この辺の情報は、独学でウエブ検索調査でお好みに合う物を捜した方が良いだろう。

グーグルでアドセンス広告ビジネスを準備する前に一読して置いた方が良いサイトがある。サイトタイトルが、「Google AdSenseで毎月3万円以上の収入を得るいちばん簡単な方法」と言うページだ。ここで書かれている内容が理解できれば、直ぐにでもこのビジネスに挑戦した方が良い。

グーグルのアドセンス広告は、訪問読者がグーグル提供の広告をクリックする事で広告収益が1ヶ月後に支払われる。売り上げが振り込まれる銀行口座を妻の口座にすればよい。但し、グーグルアドセンス申請登録を妻の名前で登録する必要がある。運営は、妻でなくて旦那が行う事になる。

この登録手続きが終われば、ホームページにアドセンス広告を表示する記述を記入するステップになる。ホームページシステムであるとアドセンス広告の記述を自動的にページに記載してくれる機能がある。私のサイトはそのように構築している。

これが完了すれば、後は読者を沢山引き込む事が出来る「役に立つコンテンツをページにして行く」だけだ。サイトのテーマ作りとあなたが書けるコンテンツが最も重要になる。これで間違えると稼げる金額に凄い差が出る。 

ポイントは、多くの訪問読者が読んでくれるホームページコンテンツ作りである。集客サイトを育成するにはどうしたら良いかを自分で試行錯誤する。最低でも3年ぐらいは覚悟する必要がある。役に立つコンテンツ作りは、時間がかかる。 

お金が落ち始めれば、段々とやる気が出始めるはずだ。多くの挑戦者たちは、この段階に到達する前に止めてしまう。参入障壁は低いが、お金を稼げるようになる人は少ない。

この広告収益を産む仕組みが出来上がれば、あなたの奥さんは働かなくてもお金がグーグルから降ってくるようになる。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search