• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

ごちそうさま、美味しかったよ!と声をかける

シニアの男性になると自分から話しかけるということが面倒になる。歳を取るに従って言葉数が減っていく。女性はその反対でおしゃべりがないと生きていけないほどお喋りをする。私は、カフェで仕事をする時、スタバの店員と話をする時以外誰とも声を出して会話をすることがない。インターネットの仕事は、パソコンとサーバーとの会話でしかないからだ。

それ故、

意識的に誰かと会話をする努力が求められる。人との温かみを感じるのは、言葉を交わして心の会話をする時だ。先日もそんな会話をしていた。

カフェやレストランで「ご馳走様、美味しかったよ!」と店員に声をかける!

渋谷のヒカリエ1階にあるカフェでコスタリカのコーヒーを頼んだ。お客が多く店員は大忙しで仕事をしていた。若い男性と女性の二人で10人以上のお客を相手にドリップコーヒーを作っていた。店員が忙しいのは目で見て分かっていたので自分の番が来るまで待っていた。10分後にやっと私の注文を聞く時間が出来た。

1杯450円のコスタリカの豆のドリップコーヒーを注文した。いつも、スタバのコーヒーを飲んでいるのでどんな味か楽しみであった。出てきたコーヒーをそのまま飲みながら味を確かめた。私は、苦味と酸味が強いコーヒーは好まない。自然にスーッと飲めるコーヒーが一番好きである。コスタリカ産の豆のコーヒーは、私好みのコーヒーであった。苦味もなく、酸味も強くなく、自然に飲めるコーヒーであった。

15分ぐらいかけて店員が作業をしている手前のカウンターでコーヒーを飲んだ。二人の店員は、休むことなくお客さんのドリップコーヒーを作っていた。その姿は、本当に一生懸命働いている姿であった。

コーヒーを飲み終えた後、担当の男性と女性に、「ご馳走様、美味しかったよ!」と声をかけた。一瞬、手を止めて彼らは私に笑顔で答えてくれた。その笑顔は、自分たちが作ったコーヒーを喜んで飲んでくれたお客さんがいたという笑顔であった。

私のように声をかけてくれるお客さんは珍しいのだろう

一生懸命に働いて出てきたコーヒーが美味しければ、正直にその思いを作ってくれた店員に伝えるべきだと思っている。美味しくなければ、ご馳走様!だけでも良い。彼らの笑顔を見て私の気持ちが伝わったと感じた。心と心が交わった瞬間だ。一生懸命に働いている人にはそれに値する感謝の気持ちを表現すべきではないか。そんな思いがある。

初対面でも本当に良かったサービスや味を正直な気持で相手に伝えるのは大切だ。ちょっとした掛け言葉でそれが出来てしまう。シニアであればあるほど、一生懸命に働いている人たちに声をかけるべきではないか。自主的にそれをやることで相手も自分も良い気持ちになる。

 

この記事「ごちそうさま、美味しかったよ!と声をかける」のポイントは、

  • 「ご馳走様、美味しかったよ!」と店員に声をかけるだけでお互いの気持ちを良くさせる
  • 会話が少なくなるシニア男性は美味しいコーヒーや料理を食べた時に意識して感謝の気持ちを声にするだけで幸せになる
  • 自主的に声をかける勇気を持つ

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search