シニア向けの生命、医療保険:契約しなければお金が貯まる

朝日新聞の朝刊に良く見る一面広告がある。シニア向けの生命保険や医療保険の広告である。私は67歳であるが、全ての生命保険と医療保険を60歳になったときに解約した。医療保険を維持しようと思ってたのだが、私の医療保険がカバーする合計金額が最大30万円であることから意味が無いと判断して解約した。手元に30万円あるからだ。それに、国民健康保険に高い保険料を支払って入っている

私が他界して生命保険金が誰かに支払わされても自分を喜ばせない。本来の生命保険は30歳代、40歳代、50歳代の働き盛りの人向けである。子供の育成や教育資金として生命保険がカバーするという目的がある。子供が巣立った家庭では生命保険の目的が消滅している。葬式や葬儀費用などは手元に100万円ほどあれば済む。それぐらいの金融資産が手元にあるシニアは生命保険に入ってそれらの費用を用立てる必要が無い。 

生命保険は誰のために入るのかを考えてみれば、本当に必要かどうかが見えてくる。医療保険も同様である。医療保険として国民健康保険がある。それに追加する意味がない。シニア向けの生命保険が宣伝されているが、死亡時に受け取れる金額が100万円から200万円ぐらい。葬式代程度になっている。100万円ぐらいならば、手元にあると言うシニアがほとんどではないか。生命保険に頼る理由が全くない。

シニアが支払う生命保険、医療保険料を貯蓄に回す

毎月の保険の掛け金の50%は、保険会社の収入になり、残りの掛け金50%だけが保険用途に使用される。例えば、月額5000円の掛け金ならば、保険の補償に使われるのは2500円になる。60歳を過ぎたシニアにとって手元にある程度の金融資産があれば、生命保険や医療保険に入る必要はない。

生命保険と医療保険の月額支払金を目的型銀行口座に貯める

シニアにとって貴重なお金を保険会社を儲けさせるために使われるのは非常にもったいない。月々5000円を積立預金にした方がまだましである。どっち道、シニアは人生の旅の終着駅に向かっている。途中で介護ベッドのお世話に成ったら、死期は早まる。保険金で自分の体を元に戻せない。高齢者にとって保険にお金をかけるほど無駄はない。

私は銀行に「健康予防口座」を作って毎月1万円を積立ている。生命保険や医療保険の代わりに自分の健康を維持向上させるための貯蓄になる。生命保険も医療保険も全て事後処理対策である。むしろ、シニアは自分の健康寿命を伸ばすことにお金を使うべきである。

月1万円の積立金の使用用途はスポーツジムの会員費や病気や怪我の医療費に使っている。積立を始めてから病気や怪我がないので積立金は増えている。スポーツジムの会員費が月額3000円であるので毎月7000円が積み立てられている。健康であれば有るほど、お金が貯まっていく仕組みである。

生命保険や医療保険にはこんな仕組みがない。全てコストとして発生する。保険が適用されるときは棺桶に入る一歩手前か、棺桶の中にいる。そんなことにお金を使うのはもったいない。お金持ちは保険に入らない。手元に十分お金があるから必要がない。貧乏人だけが保険に騙される。

生命保険や医療保険に入っているシニアは全て解約して「健康予防口座」を作って毎月の支払いをこの口座に積み立てると良い。健康であれば有るほどお金が貯まっていく。

子供たちのために「シニア向けの生命保険や医療保険」に入るのは意味が無い

自分が稼いだお金は自分の人生を楽しむために使い切るべきである!子供たちには、子供たちの人生があり、彼らが一生懸命働いてお金を稼ぎ、人生を楽しめばよい。わざわざ、子供のためにお金を残すのはトラブルを起こす原因になる。子供に残すお金が無ければ、何も問題は起きない。自分たちの葬儀や墓で発生する費用さえ自分たちで用立てをして置けばよい。

60歳以上を対象にした生命保険は死亡時に支払われる金額が100万から200万円ぐらいである。その目的は葬儀費用になる。事前に200万円用意しておけばシニア向け生命保険に入る必要がない。最近は家族だけによる家族葬が主流で費用も30万円前後で済む。それを考えれば、シニア向け生命保険は無用になる。

シニア向け医療保険も起きる可能性が低い成人病が多い。重篤な病気と判断されたら、医療保険で治せるかどうか疑わしい。国民健康保険を毎月支払っていることを忘れてはいけない。民間の医療保険で病気が治るならば良いが、そんな効力はない。

旅行保険などは自分のためになるから万が一のためにいつも入っている。国民健康保険以外の民間医療保険は特別な病気以外に意味が無い。ガン保険に入っていれば、ガンが治ると言うならば入るべきだが、現実はその保証が無い。ただ、数十万円ぐらいの支援金である。数十万円のお金ならば多くのシニアは持っている。医療保険に金銭的に頼る必要はまったくない。

保険は貧乏人を不安にさせることで儲ける仕組み

保険の広告は頻繁に起きない出来事のリスクを過大化する。不安を読者に増長させてお金をお客からむしり取る。朝日新聞の一面広告は高い。高い広告をなぜ出すのかを考えてほしい。保険会社が必ず儲かるから高い一面広告を朝日新聞に出している。保険は統計学的手法を使って儲けが出るように作られている。宝くじと同じで当たる人とはずれる人がいる。多くははずれるから保険会社は儲かる。

毎月5000円の保険掛け金を保険会社に支払っているならば、その5000円で毎月豪華な夕食を楽しんだ方がお得である。年老いて来ると楽しめる事が楽しめなくなる。普通の生活が出来る体でいる間に手元のお金を有効に使うべきだ。保険金が手元に降りて来てもそのお金は自分の人生を楽しむために使えない状態になっている。

シニアにとって生命・医療保険は無用の長物である。子供が独立して生活をしているならば、もう子供を見守るだけで良い。自分たちの余生に貯めたお金を使うことに目を向けるべきではないか。

結論

  • 生命保険は、30歳代、40歳代、50歳代の働き盛りの人向け
  • 毎月の保険の掛け金の50%は、保険会社の収入になり、残りの掛け金50%だけが保険用途に使用される
  • 「健康予防口座」を作り、保険支払金を貯めて健康予防対策に使う
  • 自分が稼いだお金は自分の人生を楽しむために使い切るべき!

 

Search