• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

若さの根源は体を動かし続ける事にあると感じている

海女さんの血管年齢が同年代の女性と比較して10年ほど若いという調査結果が発表された。さもありなんという印象だ。海女さんの仕事は、体力と集中力が伴う。体と神経を使って漁をする。体を毎日使っている生活リズムは、新陳代謝を良くする。古い細胞が新しい細胞に再生する能力が衰えない。体の若さは、再生能力にあると思う。

生活のリズムに新陳代謝を向上させる運動を取り込む(仕事でも良いし趣味でも良い)

シニアの知人(70歳代、80歳代)を見て、定期的に運動をしているシニアは、概して若い風貌を感じられる。歩き方を見ても若々しい、力強い歩き方をしている。運動を定期的にすることをやめた老人は、老化現象として体力が落ちてくるのがわかる。杖を持って歩いている老人を見ると死期が近づいて来ているように感じる。

足は人間にしても動物にしても生きて行く上で重要な機能を果たす。自分で行きたい場所に行くための機能だ。自分の足が不自由になるとトイレ、冷蔵庫、お風呂、キッチン、居間、寝室などへの移動が大変になる。自分の行動範囲が狭くなり、家族に負担が行く。

自分の子どもたち、伴侶に余分な負担をかけないためには、自分の健康を気遣うことだ。健康寿命を長くする生活リズムを習慣化することだ。普通の生活が意識しないでも出来る体を維持する。シニアは、若者と違って老いが近づいてくると普通の生活が出来なくなる。老人になってみないとこの言葉を理解できないだろう。

61歳の私は、毎年歳を取る過程で新しい発見がある。今まで出来ていた動作が難しくなって来る事だ。体は確実に固くなってくる。関節や筋がもろくなり、ちょっとした力仕事で痛みを感じ始める。若い頃はこんなことを経験しなかった。

もし、あなたが50歳以上の年齢であるならば、一度試してみて頂きたいことがある。

椅子に浅く座って片足で立ち上がることが出来るかどうかだ。多くのシニアはこれができなくなっている。足の筋力が急激に衰えてきていることに気がついていないからだ。もう一つやってもらいたいことがある。腕立て伏せだ。

足の筋力が弱くなってくると歩いている時につまずきやすくなる。つまずいて前方に倒れて顔を怪我する、または、腕を骨折する。腕力が強ければ、前方に倒れた時に倒れる衝撃を緩和出来る。怪我もしないかもしれない。腕立て伏せは腕の力を見るために良い指標になる。

60歳代の平均回数が17回だ。70歳以上になるとゼロ回になる。歳を取ると急速に筋肉が衰えていく証拠である。70歳以上の老人がつまずいて前方に倒れたら99.99%怪我をする可能性が高い。腕の力で支えきれないからだ。

老齢者で定期的に筋力運動をしている人は、急激に衰えていく筋力を維持できる、または、強化できる。海女さんの血管年齢が10年若いという理由も筋力を維持でき強化しているからだと思う。筋肉細胞が運動で傷ついてそれを治す過程で成長ホルモンが分泌される。成長ホルモンは、体の免疫力を強める。新陳代謝も向上させる。ここに若さの元がある。

60歳以上の人は、筋力が急激に衰えていく年齢に来ているので自分の生活の中に体の筋肉を定期的に使う生活のリズムを取り込む必要がある。

体を定期的に使う仕事をしている農家は高年齢になっても畑仕事ができている。歩く上で杖などを使っていない人が多い。筋力が維持されているからだ。

都会で老人ホームで生活をしている老人は、確実に死期が近づいている。歩くという人間の基本運動が阻害されている生活環境にいるからだ

体を楽にさせる生活リズムは、シニアの健康寿命を伸ばす上でマイナスだ。

米国で働いていた時に運動不足で血行が悪くなり体を壊した。毎日自動車通勤で歩くことが非常に少なかった。日本での通勤は、体力を消耗させる。駅の階段、電車の中でも戦い、自宅から駅までの徒歩など足を使うことが多い。

私は、毎週1回は近くのスポーツセンターに通ってウエイトトレーニングを2時間ほどしている。汗をかいて老廃物を体から吐き出す。筋肉を傷めつけて成長ホルモンを強制的に分泌させる。タンパク質を多く取り、筋肉の量を増やす生活をしている。そのおかげで最適な体重に近づいている。風邪で休むということもない。つまずいても踏ん張れる。倒れても腕で支えられる。腕立て伏せが30回以上続けて出来る。

働ける人は、体を動かす仕事を見つけることだ。賃金よりも体を定期的に動かすという仕事に注力する。お金よりも健康寿命を伸ばすことに価値がある。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search