• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

64歳のシニアは勇気を持って65歳以降の新しいライフスタイルを作る

64歳の私は、65歳になる来年を期待している。今のライフスタイルを少し勇気を出して変えたいと考えているからだ。65歳になると再雇用で会社勤めのシニアが組織から離れる。多くの65歳の人たちがこれから何をして日中を過ごせば良いかを悩み始める。年金を受給できるのは嬉しいが、仕事が無くなった日々をどう作り変えるかが問題になる。

私は51歳の時に起業したので仕事がある。仕事は65歳になっても辞めないし、無くならない。65歳以降の人生を今よりも楽しくさせたい。そのためには、興奮するような体験とやり甲斐をもっと探す必要がある。まだ、経験したことがないことが沢山あると思っている。

健康で体力と少しばかりの勇気がある60歳代のうちに挑戦できることをやってみたい。

65歳になったら・・・?

自分にとって65歳は、どんな意味があるのだろうか。社会的に仕事を卒業して今までやれなかったことをやり始める年齢なのだが、誰もがそんな生活を簡単に作れないと私は思っている。社畜として働き続けると自分で新しい生活スタイルを作るのが難しくなる今までの生活が会社ありきで会社なしの自分だけの生活に慣れていないからだ

私は、51歳の時に起業という目標があったからその目標に向かってやるべきことを一つづつやってきた。65歳になった元会社員に65歳以降の人生目標があれば、ソフトランディングが出来る。

現実は、個人差があるが多くの65歳シニアには目先のアルバイト先探しで忙しいのかもしれない。

嬉しいこと

65歳になったらストレスがある仕事環境から離れられると思っているシニア。そんなシニアは65歳になることを待ち望んでいる。嫌な上司や労働環境から離れられるからだ。同時に年金が受給できる。再雇用のように長時間働いて生活費を稼ぐ必要がなくなる。週3日間のアルバイトの稼ぎだけで生活に余裕を生み出せる。

経済的な問題に100%時間を取られずに空いた時間に今まで出来なかったこと、やれなかったことに時間を費やす機会を持てる。夫婦で一緒に時間を過ごすことも今まで以上に持てる。平日の午前中に夫婦で映画館に出かける。映画鑑賞後に美味しい食事を楽しむ。今までやれそうでやれなかったことが出来る喜びが生まれる。

私は、仕事を続けているので毎日仕事場であるスタバに出かける。年金が売上以外に追加されるのでその年金全てを老後の生活資金として積んで置ける。経済面では、将来のリスク対策を65歳から始めることになる。

 嫌なこと

65歳以降の生活設計がないシニアにとって65歳は、戸惑いの年齢だ。平日の日中が暇になる。いつものように定期的に行く場所と仕事がなくなる。自分の居場所が外にないと精神的に不安が生まれる。居場所がない生活に慣れていない65歳のシニアは、毎日が日曜日という生活にも慣れていない。

新しい生活を勇気を出して作り出していくという意識がないと65歳以降の生活は辛い生活になる。何か新しいこと、関心があること、好奇心を注ぐことを見つけて第一歩を踏み出す勇気が必要だ。

私にとって嫌なことは、一つ歳を食うことだ。風貌が老人に向かっていく。筋トレで体を鍛えていても5感機能は確実に衰えていく。体の老化を今以上に感じるかもしれない。今まで経験したことがない病気が発症するかもしれない。健康不安が一番心配だ。

人生の振り出しに戻った気持ちで新しいことをする勇気!

65歳は、本当の意味で第2の人生ではないかと思う。以前は、60歳からが第2の人生の始まりだと言われたが、時代は年々労働する年齢を伸ばしている。年金受給年齢が60歳から65歳に変わり、今後もどんどん年齢が上がっていく可能性がある。そんな状況にいる60歳代のシニアは、本当の自分の人生を再確認する必要がある。

 今までの会社員生活で物足りなかったこと、本当にやりたかったことでなかったことなどを反省してみる。第2の人生は、自分の人生の再出発が出来るステージなのかもしれない。

未開拓の森に踏み込む勇気が有るか、無いかで65歳以降の生活が変わると私は思っている。

  • 今までの人生でやりたくても出来なかったことに挑戦する
  • 夢に描いた生活を実現することに挑戦する
  • 新しいスキルを身につけてそれをビジネスに活かす挑戦をする 

私は、起業してやりたいワークスタイルを実現している。起業は私にとって想像もしていなかった新しい挑戦であり、神様に背中を押されて始めた。今思えば、素晴らしい挑戦を私に神様は与えてくれたと感謝している。自分の能力がこんな形で生かされて自分の力で生活費を稼いでいるのが今でも信じられない。

誰にも気が付かない才能が隠れている。隠れた才能を芽生えさせるには、ピンチにならないと表面化してこないと私は思っている。やるか、やらないかの選択しか無い状況に自分を追い込めないと駄目だ。

自分で生計を立てている人は、自分が働かないと生きていけないことを自覚している。真剣に必死になって日々の生活費を稼ぐ努力をしている。私のようなノマドワーカーにとって5月の10連休は悪夢でしか無い。仕事の発注を頂くための営業活動が止まるからだ。月の3分の1がお休みは多くの労働者にとって本当に良いことなのだろうか。

観光地でビジネスをしている人たちにとっては、喜ばしいことだろう。同時に困る労働者もいる。日銭を稼いでいる人たちは、仕事がなくなる。シニアがアルバイトをしている会社も影響がでる。休暇中は仕事がないから月のアルバイト収入が減る。

65歳からの人生は、各自が望む人生を描ける時だ。描きたい絵を描いてその絵を実現させていけば良い。

この記事「64歳のシニアは勇気を持って65歳以降の新しいライフスタイルを作る」のポイントは、

  • 65歳になると再雇用で会社勤めのシニアが組織から離れる。多くの65歳の人たちがこれから何をして日中を過ごせばよいかを悩み始める。年金を受給できるのは嬉しいが、仕事が無くなった日々をどう作り変えるかが問題になる。
  • 未開拓の森に踏み込む勇気が有るか、無いかで65歳以降の生活が変わると私は思っている。 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search