• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

自分が本当にやりたい、味わいたい人生とは?

定年延長が65歳になっても労働条件は変わらず給与だけが下がる不条理な会社員生活を皆どう思っているのだろうか?60歳になる前に60歳以降の自分の人生をどのようにしたいのかを考えるべきだ。60歳という年齢は、新しい人生(自分が本当に送りたい人生)を始めるための良いタイミングである。欲を言えば、50歳代が最も良いが。

どっちみち65歳まで会社務めができても、会社員生活はその時点で終わる。60歳で新しい人生を始めるのを5年先に伸ばしただけだ。60歳と65歳では新しい人生を始める上での精神的な不安と気力で違う。60歳代であれば、新しいことをやろうという気力が強い。65歳では、年金が入るので経済的な不安は和らぐ。

新しい人生を始める上で重要なのは、なにか?

ライフスタイルを自分好みにする

何十年も会社好みの生活を送り続けた人生は、本当の自分の人生ではない。長い時間をかけて会社は、従業員を飼いならす。知らないうちに会社での生活が自分の人生だと錯覚する。生活を維持するために本当にやりたい仕事でもないのに周りを気にしながら頑張ってきた。そんな会社員が多い。

私は、51歳のときに会社員をやめた。

会社を設立して自分がやりたいビジネスを始めた。今やらないと二度とこのチャンスは来ないと思ったからだ。人生は一度しかない。他人にこのチャンスを取られる前に自分がやりたいと強く思った。インターネットビジネスであるので先手必勝である。

このチャンスを取ったおかげで現在の自分がある。なんとか、13年間、自分の手足で生活を維持できている。64歳になって新たにライフスタイルを変えるということはない。すでに、会社員生活を離れているし、自分の意志で生活のリズムを作り出している。

自分が作り出すライフスタイルはうまく行かなくても修正が自分の意志で出来る。そこに創意工夫が生まれる。会社組織では、会社の都合に合わせなければならない。そのために不要なストレスが生まれる。会社を離れた生活が始まると逆に不要なストレスがなくなるが、自分で生活のリズムを作らないと「暇」という新しいストレスが生まれてくる。

自分が本当にやりたい、味わいたい人生とは?この質問に答えることから60歳以降の人生が始まる。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search