• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

スポーツジムで筋トレをやった翌日以降の体状態

昨日スポーツセンターで筋トレを3時間ほどやってきた。上半身、体幹、下半身の筋肉を中心に負荷をかけたフリーバーベル運動だ。週2回このメニューで筋トレをやっている。夕食は、タンパク質が多い肉類、大豆類を多めに取り、野菜もバランス良く食べている。筋トレはカロリー消費が激しいのでお腹が空く。

寝る前に必ずコップ2杯の水、ビタミンB群の錠剤(エスファイトゴールドなど)、にんにく卵黄などを取る。疲れている体の回復を早めるためだ。

今日の朝は、ちょっと遅めに起きて体を休ませた。就寝時に足、腕、そして、体全体から熱が放出している感じがしていた。朝は、体からの熱放射の感じはなかった。起き上がるときに腰が少し痛かった。昼から夜にかけて体の状態が変化していく。

筋トレ当日よりも2日目、3日目のほうが体に異常が起きる

2日目の昼頃からベンチプレスで鍛えた腕、胸、広背筋が凝り始める。傷んだ筋肉細胞が修復される過程にある。スクワットで負荷をかけた太ももも少し痛みを感じ始める。体幹の運動では、腹筋が多少痛い程度だ。体の疲れが回復する過程で筋肉が全体的に凝り始める。この筋肉の凝りがないと筋肉は強化されない

2日目も体は継続的に傷んだ筋肉細胞を修復させていく。カロリー消費が引き続き多いのでタンパク質の食べ物を意識してランチを取る。夕方頃になると体の筋肉の凝りが酷くなる感じだ。できるだけ、水分を多めにとって凝っている筋肉を動かす。

筋肉の凝りをやわらげるには、水分と新鮮な血液を筋肉に与えることだ。ストレッチ運動やウオーキングがコリをやわらげる効果がある。

2日目の夜は、お風呂に入ってから10分ほどストレッチ運動をする。これをしないと凝っている筋肉の回復がスムーズに行かない。寝る前にまたコップ2杯の水とビタミン剤を取る。

問題は、3日目だ。筋トレで疲れた筋肉が回復に向かうのだが、免疫力が低下している。この時に風邪を引きやすくなる。私は、1回のくしゃみでもすぐに風邪クスリを飲むことにしている。これをそのままにしていると風邪菌に体がやられてしまう。引き続き体力の回復のためにタンパク質の多い食事を3日目も取る。

まとめると、

  1. 筋トレ当日・・・体全体が熱を出して水分とタンパク質を多く摂る
  2. 2日目・・・・・筋肉の凝りが出始めて鍛えた筋肉に痛みが出始める(ストレッチ運動をする)
  3. 3日目・・・・・筋肉の凝りがピークになり免疫力の低下が起きる(ストレッチ運動をする)

筋トレ後の3日間は、傷んだ筋肉細胞を回復に向かわせるために水、タンパク質、ビタミンなどを取りストレッチ運動を行う。その過程で筋肉に凝りが発生し、筋肉痛が出始める。体調は、当日、2日目、3日目毎に違う。私の場合は、2日目の夕方から3日目朝までが一番つらい。新鮮な血液が凝っている筋肉に十分回っていない感じがする。

体が詰まっているという感じだ。

こんな体の変化を何度も何度も繰り返しながら、筋肉が鍛えられて成長していく。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search