• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

なぜ、若者は「老人が普通に歩けない理由」を分からないのか?

私が51歳の時、営業で協業をしていた広告代理店の会長と食事に出かけた。広告代理店の会社から100メートルぐらい先にあるソバ屋に誘われて一緒に歩いて出かけた。出かけたのは良いのだが、会長の歩きが非常に遅いのだ。足を引きずるように歩いているためそのテンポに合わせて歩かざるを得なかった。

歩いていながら、なぜ何だろうかと思いを巡らせていた。51歳の私であっても75歳を過ぎた会長の体について何の知識もなかった。普通に歩けるはずなのに歩けていないのはなぜ何だと!

自分の体中心に他人の体を判断しがち!

若者たちが、横浜の地下街を歩けば多くの老人を目にするだろう。歩いている老人を見ながら彼らは不安定で遅い歩き方をしている老人を不思議に思っているかもしれない。なぜ、僕たちと同じようにすいすいと歩けないのだろうかと。

老人の体を経験していない若者は、足が弱くなった老人を理解できない。

高齢化と介護の問題が新聞で取り上げられ、老人の足がなぜ動かなくなるかの理由が説明され始めた。加齢により60歳以降から急激に足の筋肉が衰え始めるという事実が広まった。この加齢による身体の変化を知るまでは、自分の足を鍛えるという事を意識できなかった。

「ああ、そうなんだ!歳を取ると体の筋肉が減って行くんだ!」

特に大きな筋肉が加齢と共にに減って行くという事実。体の筋肉で大きな部位は足の太ももと背中の広背筋だ。使わない筋肉は加齢とともにどんどん減って行く。歳を取ると体を活発に動かさなくなる。使わない筋肉が増える。

若い人は、老人ほど筋肉が減って行かない。減っても筋肉を使い始めればすぐに復活する。老人の場合は、直ぐに復活しない。時間と苦痛が伴う。苦痛を嫌がる老人の体は、楽な方に導かれる。楽を好む老人の足の筋肉はどんどん減って行く。

60歳代から使わない筋肉の量が減って行き、70歳代でその影響が足の動きに出てくる。そのメカニズムを知らない今の老人たちは、動きづらくなった足を不自由に引きずって歩くしかない。

若者は、老人に特別な興味を持っていない。老人の体の変化について知る由もない。老人の立場に立って生活を想像する機会もない。若々しい自分の体が60歳を過ぎると自然に筋肉が衰えていくなんて想像もできない。51歳の時の私と状況は全く同じだ。

若者は自分が出来る事は誰でも出来ると思いがちだ。それが歩行になると誰でもが当たり前に歩く事が出来るから、なぜ、老人はあんなにのろい歩き方をするのか分からないでいる。単純に歳だからとしか理解しないだろう。

私のように60歳代で筋肉を鍛える事を意識し始めたシニアたちは、スポーツセンターのジムで筋トレをしている。若者に交じってスクワットやベンチプレスなどをフリーバーでやっている。20歳代の若者よりも62歳の私の方が重いバーベルを上げられることに驚いている若者が多い。 

筋肉は時間をかけて鍛えれば鍛えただけの反応を体に出してくれる。年齢にあまり関係なく鍛えれば鍛えただけ筋肉は成長する。若い者とシニアとの違いは、疲れた筋肉の回復力と筋肉の成長の早さだ。シニアで筋トレを始めると筋肉が成長するまで時間がかかる。

若者と違って食べる量も違う。タンパク質を体に取り入れる量も違う。新陳代謝量も違うので自ずと成長も遅くなる。

運動習慣がないシニアとあるシニアでも相当の違いがある。運動習慣がないシニアは、三日坊主になる。運動習慣があるシニアは、筋トレを続けられる。衰えていく筋肉を維持しながら徐々に筋肉を増やしていくには筋肉痛を感じるまで筋肉をいじめる必要がある。シニアは、筋肉をいじめるまで追い込む体力と意志の強さがないかもしれない。それゆえ、そんな状態に自分の体を持っていくまで時間と苦痛が伴う。

老人の体に何が起きているかを若者が理解できれば、なぜ、地下街を歩ている老人がノロノロとしているのかが理解できるようになる。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search