• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

ランチを食べたあとの1時間、2時間後にすごく眠くなる

睡魔が襲ってくる。必ず、ランチ後1,2時間後に睡魔が襲ってくる。そのため、スタバで15分から30分ぐらいの仮眠をせざるを得ない。仮眠をしている間にイビキをかいている可能性大。まあ、イビキも一つの雑談と思ってくれれば問題ない。イビキよりもひどい大声の雑談をしている若い女性が多いからだ。女性が3人以上集まれば、拡声器を使っているような大声のおしゃべりが始まる。

加齢が原因でこの睡魔が襲ってくるのかもしれないと勝手に思っていたのだが、そうでもないらしい!

ランチ後に眠くなるのは人間の生理現象だが程度にもよるらしい!

老人が良く昼寝をすると聞く。私の義父91歳も必ず昼寝を1,2時間する。私の解釈は、人間の生理現象プラス疲れを回復するための昼寝であると理解している。私の睡魔は、原因として(1)生理現象、(2)ランチを食べ過ぎる(腹8分目でない)、(3)パソコン画面から来る目と脳の疲労が考えられる。 

15分から30分間、目を閉じて仮眠をすると頭がスッキリする。疲れが何処かに飛んでしまったようにスッキリするのだ。これから感じるのは、やはり、パソコン画面から来る脳の疲れではないかと。目から入った情報を脳は理解するための作業をする。その時に人間の生理現象が加わってすごく眠くなるのだと思う。

学生の時もランチ後の午後1時から2時頃は眠くて我慢できない記憶がある。会社で仕事をしていても同じ経験がある。誰もがランチ後に同じ睡魔を経験している。問題は、睡魔の酷さだ。会議中に睡魔に襲われて意識を失うほど眠り込んでしまう人がいる。これは、病気としか思えない。または、極度の睡眠不足だ。

私が経験する睡魔は、自制が出来る睡魔だ。1時間ほど我慢すれば、生理現象が収まる。その我慢をしなければならない状況であれば、それが出来る。通常の仕事では、スタバのカフェであるので我慢する必要はない。ランチ後、眠くなったら躊躇なく15分から30分仮眠してしまう。その後の仕事は、実に快適に進む。

今後試してみたいことは、ランチの量を腹八分目にすることだ。いつも満腹感を感じるランチになっている。これを腹八分目にしたら睡魔の酷さを和らげることが本当に出来るのかどうかを実体験したい。

もし、腹八分目のランチが効果があると実感したならば、もう今後は腹八分目でランチを食べることになる!

私はどうしても早食い、大食いになりがちであるからだ。年寄りにとって早食い、大食いは健康に悪いと聞いている。早食い、大食いの習慣をなんとかしたいといつも思っているのだが、なかなかうまくコントロールが出来ない。

今意識して食事をしていることは、野菜、肉や魚類、ご飯の順番で食べることだ。できるだけ、野菜を沢山先に食べる。ごはんを食べるのを終わりにしている。若い頃は、ご飯を2杯も大盛りで食べていた。今は、普通盛り1杯にしている。

ただし、例外の時がある。

カレーライスが大好きである私は、夕食がカレーライスである時、好きなだけカレーライスを食べる。大盛りのカレーライスを2杯ぐらい食べてしまう。こんな時は、月に1回、2回程度だから、これで肥満になるとは思えない。筋トレも週2回しているので余分なエネルギーは熱と成って出て行ってしまう。

腹八分目のランチで睡魔を緩和できるなら、ランチの量を真剣に少なくして食べる価値がある。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search