• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

好きなStar Trek番組や映画を見て余暇を楽しむ63歳のシニア

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

米国の大学に留学していた時や仕事でカリフォルニアで生活していた時に必ず見ていたテレビ番組がある。Star Trek番組だ。日本で生活を始めてからはStar Trek番組を見る事が出来なかった。今年の1月からNetflixと契約をした。1か月1000円ぐらいの費用でStar Trek番組(過去から現在までのシリーズ)やその他SF映画など色々な番組を楽しめる。

私にとっては、Star Trek番組さえ見る事が出来ればそれで満足だ。他の番組や映画は、おまけでしかない。出来れば、毎日Star Trek番組を見たいのだが、日中は仕事。平日の夜は、家内にテレビを独占されている。どうしても、週末の余暇の時間にStar Trek番組を3時間ぐらいまとめて見るようになる。 

自分が楽しめる余暇の使い方

65歳を過ぎると必要以上に余暇の時間が増える。私のように日中は仕事という人は少ないかもしれない。1日中自分が楽しめる趣味がある人は、幸せだ。多くのシニアは、暇を持て余す。老後の生活は、自分のライフスタイルに合う生活のリズムを作って行くしかない。一つの事をずっとやって行くのも一つの選択であるが、飽きるだろう。生活に変化は必要だ。

私は、こんな生活のリズムを使って余暇を楽しめるようにしている。

  1. 平日は、午前9時から夜7時までカフェを仕事場にしてインターネットビジネスをしている
  2. 週2回近くのスポーツセンターにあるジムで筋トレをしている
  3. 土日のどちらかを夫婦で外出する
  4. 週末の余暇にNetflixでStar Trek番組を見る

家内にしてみれば、自宅に1日中私がいないほうが良い。会社員時代と同じ生活のリズムが家内の生活で続いているからだ。夫婦仲を壊す原因は、妻の生活のリズムを酷く修正することだ。長年の生活習慣を変える事は、妻に対してストレスを与える。老いて来るとストレスをうまく処理できなくなる。ストレスが積もり始めると夫婦喧嘩が始まる。最終的に老後離婚だ。 

定年退職をした旦那は、新しい生活のリズムを構築しなければならない。その生活のリズムは、妻の生活のリズムを出来るだけ壊さないものでなければだめだ。 

基本、平日の日中は自宅にいない事!外出先で自分の新しい生活を作るしかない。この事に気が付かないで奥さんの尻ばかり追っていると奥さんに嫌われる。最悪、離婚だ。そうならないためにも日中の時間の使い方を決める必要がある。仕事があれば、それが一番良い。お金を稼げるし、社会ともつながれる。

仕事には、年齢制限がどうしても生まれる。70歳までが限度だろう。あとは、自分で仕事を作るしかない。仕事が出来ないならば、自分が楽しめる事をリストしてそのコンビネーションで日中の余暇を潰すしかない。

新しい生活のリズムは、シニアにとって最初に解決しなければならない問題である。定年退職をした3日からか月以内に平日の使い方を色々と試行錯誤すると良い。外での居場所も確保しなければならない。3時間以上は安心していられる場所だ。公園でも図書館でも良い。カフェと本屋を兼ねたツタヤなどで暇を潰しているシニアもいる。

自分の性格に合った平日の使い方を出来るだけ早く新しい生活のリズムにすることだ。映画好きな方は、毎月1回は映画の日を作っておく。または、毎週1回は映画を見に行くとかだ。自分を楽しめる余暇を生活のリズムの中に入れておくことが重要だ。 

この記事「好きなStar Trek番組や映画を見て余暇を楽しむ63歳のシニア」のポイントは、

  • 老後の生活は、自分のライフスタイルに合う生活のリズムを作って行くしかない
  • 夫婦仲を壊す原因は、妻の生活のリズムを酷く修正するようなことだ
  • 新しい生活のリズムは、シニアにとって最初に解決しなければならない問題である。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.