• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

シニアが収入を得る「年齢的段階の流れ」をどう改善するか?

60歳の定年退職の洗礼を受けるシニアは、これからの人生の流れの中で収入をいかに確保して行くかが問われ始める。収入を得る「年齢的段階の流れ」が見えている。この流れを改善できれば、老後生活の収支が向上する。

大きな流れはこうだ。 

自分の「年齢的労働収入の流れ」を考えてみる事!

      男性              女性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

60歳・・・年次契約社員           アルバイト・パート労働者、派遣社員

65歳・・・アルバイト・パート労働者     アルバイト・パート労働者

70歳・・・男性が引退            アルバイト・パート労働者

75歳・・・                 女性が引退            

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年齢的段階の収入の流れは、仕事があるという前提だ。男性が70歳でアルバイトやパートの仕事を辞める。女性は、75歳だ。大まかな収入源の流れがこれで分かる。60歳を境にしてシニアの収入は下降して行く。この流れを上昇して行く形にすれば、老後の金銭的な余裕は向上する。方法としては、

  1. 65歳まで正社員として会社で働けるようにする
  2. 正社員として再就職する
  3. 起業して正社員以上のお金を稼ぐ

どれか一つでも達成できれば、老後の経済的な流れを良い方向に変更できる。

65歳になった時、アルバイトやパートの収入以上稼げる派遣社員として70歳まで働き続ければ、シニア男性の経済的な余裕は広まる。女性は、出来るだけ長くアルバイトやパートの仕事を続けられるかどうかだ。特別な資格やスキルがある主婦ならば、60歳から65歳まで派遣社員として働く事だ。

ポイントは、年齢的段階で収入を増やす工夫働ける仕事を持続するスキルが必要だ。この労働収入の流れを根本的に変えたいならば、60歳から65歳までに起業してお金を稼ぎ続けることだ

何らかの収入が続ける環境を作れれば、老後に必要な貯蓄額は少なくなる。働き続けることで貯蓄を切り崩す事は無くなり、日常生活面で経済的に困る事は無くなる。健康面で問題が無ければ、介護費用も発生しない。働ける体力を働く事で持続できる。

一般的に男女ともに70歳を境にしてお金を稼ぐから消費する生活に入る人が多い。夫婦のうちどちらかが、働き続けられれば収入は減っても途絶えない。年金+労働収入で老後の生活に余裕が少し生まれる。ここで重要なのは、70歳以降にお金を得る仕事を確保できるかだ。または、自分のビジネスで売り上げを立て続けられるかだ。

自分たちで出来るお金稼ぎの方法を今から考えて準備することだ。70歳を境にこの準備が出来ている夫婦と出来ていない夫婦では、老後の生活が相当違う。一番確かな方法は、自分でビジネスと起こして稼ぐことだ。頭を使ったビジネスを考える。シニアであることを強みにした仕組みを考える。

私は、自分のインターネットスキルを応用して自己完結型のビジネスモデル作りをしている。試行錯誤だが、やってみないと分からない

この記事「シニアが収入を得る「年齢的段階の流れ」をどう改善するか?」のポイントは、 

  • 60歳の定年退職の洗礼を受けるシニアは、これからの人生の流れの中で収入をいかに確保して行くかが問われる。
  • ポイントは、年齢的段階で収入を増やす工夫働ける仕事を持続するスキルが必要だ。この労働収入の流れを根本的に変えたいならば、60歳から65歳までに起業してお金を稼ぎ続けることだ

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search