• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

動かなくなる老人は体が硬くなる(体の柔軟性が無くなる)

幼児が歩いている姿と老人が歩いている姿を同時に見る事がある。幼児の体は、くねくねして和らそうだ。老人の体は、ぎこちなく固そうだ。個人差はあるだろうが、老いて来ると体が硬くなる。肉体労働をしている人は、体がキビキビ動かせる。色々な動きに体が慣れているからだ。老人も体を毎日キビキビと動かしていれば、体の動きが柔軟になる。

筋肉の伸縮性は、日頃良く使っているか、いないかで機能を維持できるか、出来ないかになる。大人の行動は、子供と違って活発に体を動かさない。座って生活をする大人が多い。階段を上るよりもエスカレータを使う生活だ。使う筋肉も限られる。自然と日頃使う筋肉と使わない筋肉が出てくる。

40肩、50肩、60肩という病気がある。肩関節を動かすことで感じる激しい痛みで生まれる肩関節周囲炎である。この病気にならない人たちがいる。私もその一人だ。定期的に筋トレをして肩関節当たりの筋肉をトレーニングしているからだ。

普通の老人は体を積極的に動かす事の重要性を忘れる!

60歳代、70歳代、80歳代と老いて来ると体を積極的に使う生活から遠ざかる。筋力が落ちて体を楽にする悪循環に陥る。体を動かさなくなると2つのデメリットが生まれる。

  1. 筋力が落ちる
  2. 体が硬くなり柔軟性が落ちる 

体を動かす習慣(定期的な運動習慣)がある老人は、認知症になる確率が減少させる。認知症予防に運動は欠かせない。運動は脳神経を働かせるからだ。脳に刺激が伝わり、脳細胞を活性化させる。

40肩、50肩、60肩という病気の原因は、運動不足だ。

肩関節を動かす事が減少すると肩関節周辺は固まり始める。それを急に動かそうとすると筋肉の伸縮が出来ず痛みを起こす。筋肉痛と同じだ。使っていない筋肉を必要以上に使うと翌日筋肉痛に襲われる。私たちの体は、生活習慣病で活動バターンが固定化される。そのパターンを外れる体の動きをすると体に痛みを起こす。

体の柔軟性は、日頃から体を動かして硬くなった筋の伸縮機能を改善しなければ成り立たない。若い体と年取った体では、筋肉の伸縮性機能で大きな違いがある。活発に体を動かして生活している若者は、体が色々な動きについていける。体が動きに慣れているからだ。体を活発に動かしていない老人は、体が色々な動きについていけていない。体が意図する動きに慣れていない。

体は、毎日活発に使う事で錆びつかなくなる。若者にはそれが自然に出来る。老人は、老化現象で体を楽にさせる。体を動かす事を積極的にやらない。普通の老人の生活はそうだ。運動習慣を身に付けた老人は、違う

63歳で週2回スポーツセンターのジムで筋トレをしている私でも老化で体が硬くなってきていることに気が付く。体の部分に硬さを感じる。正座をすると足の筋肉が痛くなる。足の開脚をしても広く開かない。筋が硬くなっているためだ。これは、その運動で使う筋を今まで使っていないため、体が慣れていない事が原因だ。

体の柔軟性は、いつも使っていない筋や筋肉を使う運動を定期的に行う事で改善する。年齢問わず、いつも使っていない筋肉中心に毎日運動を続ければ、固くなっている体の柔軟性は回復する。多くの高齢者が夏休みに子供のための朝のラジオ体操に参加する理由はそこにある。ラジオ体操は、使っていない筋肉と満遍なく使う運動である。

ラジオ体操をする生活習慣がある老人は、体の柔軟性で問題を抱えないだろう。

この記事「動かなくなる老人は体が硬くなる(体の柔軟性が無くなる)」のポイントは、

  • 筋肉の伸縮性が落ちてくると体が硬くなり易くなる。
  • 筋肉の伸縮性は、日頃良く使っているか、いないかで機能を維持できるか、出来ないかになる。
  • 体の柔軟性は、日頃から体を動かして硬くなった筋の伸縮機能を改善しなければ成り立たない。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search