• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

老夫婦が秋空の下で写生をしていた姿

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

横浜から相鉄線の天応町駅に降りて徒歩で5分ほど行く場所に横浜ビジネスパークがある。大手企業が集まっているビジネスコンプレックスだ。このビジネスパークには、色々な芸術アートが至る場所に展示されている。スタバがこのビジネスパークの一角にある。そのスタバで時々仕事をする。スタバのアルバイトではなく、インターネットの仕事をする作業場として使っている

いつものように天応町駅から横浜ビジネスパークにやってきたら、入り口近くに老夫婦が一生懸命に写生している姿を見た。年齢的に70歳代後半の老人だ。夫婦で写生している姿は微笑ましい。同じ趣味がある夫婦は余生を他の夫婦よりも味わえる。

ふと、気が付いたことがある。

高齢者が写生をする意味を深く考えた!

70歳代後半になれば、認知症にならないように何かをしているはずだと。老健施設に入居している義母は、老健施設で色鉛筆を使って塗り絵をやっていた。認知症予防の活動だ。絵を描くと脳の活動を刺激する。そうか。あの老夫婦は、認知症予防のために写生をしていたのかもしれない。趣味が同時に認知症予防になっている。

認知症予防で良く耳にすることは、指先を動かす活動をすると脳を刺激して認知症予防になるという。家内は、ピアノを子供や大人に教えている。ピアノが趣味だ。私は、インターネットで仕事をしているのでキーボードを1日中叩いている。家内も私も指を活発に動かしている。知らないうちに認知症予防になっているのだ。

還暦を過ぎた頃から健康に気遣うようになる。70歳を過ぎると認知症が歩み寄ってくる気配がしてくる。80歳になれば初期の認知症の症状が出てくる。ただし、個人差はある。年齢に関係なく認知症の気配が全くない老人もいる。その一人が家内の父親だ。92歳であるが、認知症から無縁な老人だ。頭がしっかりして言動もおかしくない。時代の流れに頭はついて行っている。

彼は写生はしない。やっている事は、本をよく読む事だ。BSテレビチャンネルを良く見ている。海外の動向をBSチャンネルで情報を得ている。一人で自宅生活をしている。週に1回私たち夫婦が生活支援で宿泊するぐらいだ。彼を見ていると「凄い!」としか言えない。92歳の年齢で一人生活が出来て、認知症にもなっていない。

私は、絵を描くのが下手だ。同時にぶきっちょだ。芸術的なセンスはゼロと言って良い。塗り絵を使って絵を描いてもひどい作品になると思っている。そのため、写生に興味を持たない。

認知症は、脳の刺激が減少すると成り易い。頭を使う事をやっていれば、脳の神経系統は維持され、成長する。認知症になるシニアは、忙しい仕事から解放されて自宅で暇している人が多い。仕事を辞めた途端に脳を使う刺激が無くなり、今までと同じ神経系統を必要としなくなったのだ。老化によって使わない物は自然に消えて行く。

筋肉もそうだ。

筋トレは、認知症予防になる。これは医者も勧めている。体を動かす動作は脳神経を刺激するからだ。筋肉は体を動かす上で必須だ。筋トレをすることで失い始める筋肉を維持、成長させる事が出来る。足腰が不自由になったら、健康寿命が短くなる。足腰を鍛えれば、健康寿命が延びると言っても過信ではない。

写生をしていた老夫婦は、外出して写生するものを探す。夫婦で散歩しながら写生の材料を探すのだ。散歩で体を動かしながらおしゃべりをする 。絵を描きながら、指と頭を使う。写生が好きな老人は、体と脳を刺激しながら健康寿命を延ばしている感じだ。

この記事「老夫婦が秋空の下で写生をしていた姿」のポイントは、

  • 写生は老人の認知症予防になる。趣味として写生をしている高齢者は、認知症予防も兼ねているのだ。今までそれに気が付かなかった。
  • 指を動かすと脳を刺激する。家内はピアノ。私はパソコンのキーボード。どちらも指を使う。
  • 写生で外に出る生活は健康寿命を延ばす。外に出て色々な刺激を脳が受けるからだ。

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search