• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

毎日、暑い日が続いている。熱帯夜も続いているので寝ていても汗が出まくっている。寝る前に梅干しを一つ食べコップ1杯の水を飲んで寝ている。朝起きた時にトイレに行くのだが、おしっこがあまり出てこない。多くの水分は、寝ているうちに汗と一緒に出ていったようだ。こんな状態で暑い夏の朝を迎えている63歳のシニアである。

冷房は間接冷房にして別の部屋で1日中可動させている。それでも平均室内温度が26度から28度ぐらいである。この温度でも汗は出て行く。仕事に出かける時は、必ず、加齢臭対策をする。ちょっと、この対策を暑い夏に怠ると直ぐに苦情が家内からやってくる。

朝起きたら、直ぐに冷たいシャワーを浴びる!

10年ほど前からお風呂で体を洗う時はボディーソープか、石鹸を使って手で体を洗っているなぜ、そうなったのか?

昔は、小さいタオルなどを使って石鹸と一緒に泡立てて体を擦っていた。確かに体の皮膚は、滑らかになるのだが使用したタオルが後で不衛生になる。そのため、使い捨て状態になる。

それが面倒なために石鹸やボディーソープを体にこすりつけて手で体を洗い始めた。手で体を洗うと古い皮膚(垢)などはしっかり取り除かれない。

だが、

体を洗うという点に限れば、手で体を洗うのは有効だ。垢を取るためにタオルでゴシゴシ垢が溜まる部位をこするのだが、これはあまり良くないようだ。人間の皮膚には、体をバイキンから守る菌が生息していて皮膚を洗い過ぎるとこの菌まで体から取り除いてしまう。さらに、強く皮膚のこすることで小さな傷が皮膚にできてそこからバイキンが入りやすくなるという。

シニアが体を洗う時は皮膚に優しくする方法を取る

定年退職をして年金を受給し始めると You are Nobody! になる。ただの人になる。今までの生活は、所属する会社というブランドで自分が誰であるかを伝えられたが、組織から離れた生活をすると名刺がなくなり、仕事もなくなり、一体、あなたはどなた!となる。こんな環境に長くいると世間体や他人の目を気にしなくなる。生活が自己中心的になり、好き勝手が出来るようになる。

歳を取ると世間体をあまり気にしなくなる! 

老後のこだわり

60歳を過ぎた頃からランチを食べた後に睡魔が襲ってくる回数が増えてきた。会社員の頃も午後1時頃から2時頃に眠くなったがこれほどではなかった。一般的に昼寝は体に良いと言われる。15分から20分ぐらいの昼寝だ。私も睡魔が襲ってきたら仮眠ができる場所を探して起きる時間を決めて目を閉じる。 

肉体的な疲れから眠くなる感じではなく、脳の疲労からくる疲れのように感じる。15分後に目覚めると何とも言えないすっきり感を味わうからだ。

誰もこの現象をうまく説明することが出来ない。皆、このような理由ではないかという説明が多い。

シニアが外出する時は15分でも30分でも仮眠が可能な場所を見つけておく

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search