• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

幼児が歩いている姿と老人が歩いている姿を同時に見る事がある。幼児の体は、くねくねして和らそうだ。老人の体は、ぎこちなく固そうだ。個人差はあるだろうが、老いて来ると体が硬くなる。肉体労働をしている人は、体がキビキビ動かせる。色々な動きに体が慣れているからだ。老人も体を毎日キビキビと動かしていれば、体の動きが柔軟になる。

筋肉の伸縮性は、日頃良く使っているか、いないかで機能を維持できるか、出来ないかになる。大人の行動は、子供と違って活発に体を動かさない。座って生活をする大人が多い。階段を上るよりもエスカレータを使う生活だ。使う筋肉も限られる。自然と日頃使う筋肉と使わない筋肉が出てくる。

40肩、50肩、60肩という病気がある。肩関節を動かすことで感じる激しい痛みで生まれる肩関節周囲炎である。この病気にならない人たちがいる。私もその一人だ。定期的に筋トレをして肩関節当たりの筋肉をトレーニングしているからだ。

普通の老人は体を積極的に動かす事の重要性を忘れる!

誰にも過去を振り返って見れば、何かをしていた時に楽しかったという記憶があるはずだ。それが、仕事だったり、趣味だったり、旅行だったり、妻と結婚する前のデートだったりする。それらの楽しい経験は、過去の出来事であったが、それをこれからの出来事にする事が出来る。

63歳になって老化現象を経験し、原因が分からない体調不良に悩まされながら自然治癒してしまう不思議な経験をしている。今まで痛みなんかを全然感じていなかった肘周辺の筋、それも最初は左手肘、今は両肘になっている。

シニアの体は、機能低下が進んでいる。筋肉の耐久力が落ちている。私の目は緑内障で視野が狭くなって機敏な動作を目で追いかけられない。キャッチボールをしてもボールの距離感覚が分からずキャッチできない。老化現象は、不愉快な経験をシニアにもたらす。

老化現象を避ける事が出来ない出来事として素直に受け入れ、その制約内で自分が楽しめる事や世界を探す。

何をしている時に幸せを感じやすいかを見つける!

Burpees(バーピーズ)という全身運動がある。こんな運動だ。余分な脂肪を燃焼させる効果が高い。持久力+ダイエット向きだ。

burpees

私は、この運動を1セット13回 x 6セット 週2回筋トレの項目として半年間やり続けている。一言で「1セット13回やると確実に息が切れて苦しくなる!」全身運動である。運動習慣のない60歳代のシニアは、基礎体力がないので止めたほうが良いかもしれない。

私がこの全身運動をやり始めた理由は、体についている余分な脂肪を燃焼させて体の動きを良くするためだ。

6か月バービーズ運動を続けて分かった事

60歳を迎えると自分が年寄りになったと意識し始める。ちょうど、定年退職という人生のイベントも起きる。日本の社会は、60歳を迎えたあなたを魅力的な労働者として見なくなる。自己意識、社会からの視点、そして、肉体の3つがあなたは老人に成って行くと伝えている。

加齢臭は、40歳代後半から出始める。自分でその匂いを感じる事が出来ないだけに気が付かない。電車の中で空いた席に座ると横に座っていた若い女性が立ち上がって離れて行く。または、別の空いている席に移動する。なぜ、そんな行動をするのか分からなかった。失礼だなあと思いながら理由が分からないまま50歳後半になった。

家内から加齢臭が強いよと言われた。そこで初めて電車の中で席を離れて行く若い女性の理由が分かった。私の体が出す「加齢臭」が原因だと。

老人は汚くなり、臭くなる!

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search