• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

60歳の声を聞いてなぜか、寝るのが早くなっているのに気がつく。61歳の今、夜10時30分頃から11時頃に寝床に付く。仕事の影響か、老化か分からないが目が辛くて開いていられない。目が辛いのは、8時間以上パソコンの画面を見ているからだと思う。意識して目ばたきをしないとドライアイで目が辛くなる。これが原因ではと思うのだが、体も疲れている。

目の疲れ、関節の痛み、老人性イボ、シミ、体の老化現象が進む

人生の最期に残したい事をテーマにしたNHKスペシャル「人生の終い方」を見た人は、自分の人生の終い方をきっと考えたことだろう。人生の最期に何をするか? 誰に何を遺すか? つまり人生の“終い方”をどうするか。

誰にでもやって来る人生の終わり 

築22年目のマンションに住んでいる。隣人宅は、奥さんが中心になってリフォームをやり始めている。その影響を受けて我妻もリフォームを検討し始めている。私の心境は、リフォームをする余裕資金がない!! 60歳代は、一番貯蓄が底を突く年代だ。子供の独立や結婚でまとまったお金が出て行く。

リフォームするためにはお金を貯めることが大前提だ!

ホームページのお問合せからメールが届いた。最近、リストラをされた60歳の男性からだ。就活中だそうだ。リストラされて間もないので第二のキャリアを捜しているらしい。リストラは、前触れがなくやって来る。精神的には納得いかないだろう。

でも、現実は失業だ。会社は合法すれすれな方法で強制的に社員をリストラする。狙い撃ちされるのが定年間近なシニア社員である。どんなに65歳まで雇用を維持しろと政府が言っても会社が合法的に自己退職にさせれば問題がない。多くのリストラは、強制的な自己退職だ。

再就職が良いのか、自分で起業するのが良いのか? 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search