• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

今日の横浜の朝は清々しい。朝からドリップコーヒーを作って、静かな朝をコーヒー1杯の味で楽しむ。気温もちょうど良く過ごしやすい。午後からは気温が25度ぐらいに上がり夏日に近くなると言う。

我が家は、週末と休日に限ってドリップコーヒーを作っている。平日は、ゴールドブレンドのインスタントコーヒーだ。午前8時過ぎには横浜のスタバに向かうので簡単なインスタントコーヒーにしている。

私は、1日3杯ぐらいコーヒーを飲む。3杯以上のコーヒーを飲むとカフェインの取り過ぎのような感じになり体が拒絶反応を示す。体調にもよるがコーヒーが1杯も飲めないようなときもある。

Coffeeはいつもブラックだ!

横浜のスタバのテラステーブルでコーヒーを飲んで周りを見渡していたら、一台の軽トラックで荷物を載せていた80歳代の老人を見つけた。若くても75歳代であると思うのだが、体の動きが機敏だ。力仕事であるためか、長年の仕事で体が力仕事に適応している。定年退職したホワイトカラーの元会社員が80歳代になった時に同じような力仕事は出来ない。

体に楽な仕事をし続けていると体がその仕事に適応してしまう。それが70歳を過ぎた頃に健康寿命と言う形で浮上する。自分の仕事で毎日力仕事、または、体を動かす仕事をしている高齢者は、何かの病気をしない限り体が丈夫だ。

「仕事付き高齢者住宅」という試み

私がコンビニで物を買う時に必ず買う定番製品がある。仕事でNPO団体の定例会に出席する時、必ず、セブン・イレブンに立ち寄りコーヒーか、カフェオレのどちらかを買う。コンビニのコーヒーは、特にセブン・イレブン のコーヒーは美味しい。カフェオレはもっと美味しい。カフェオレの味の違いを他のコンビニ(ファミリーマート)と比較してみた。

ファミリーマートが売っているカフェオレは、エスプレッソにミルクを加えている。そのため、ちょっと苦味が強い。セブン・イレブンのカフェオレは普通のコーヒー豆を使ってミルクを加えているため味がソフトだ。

コーヒーも香りが良いのは、セブン・イレブンの100円コーヒーだ。あっ、カフェオレは150円である。カフェオレは、スターバックスで買うよりもセブン・イレブンで買ったほうが安くて美味しい。

私が感じるコンビニ

60歳代に知人は、両親の介護(介護付き有料老人ホームに入居)が終わって夫婦で旅行を楽しんでいる。やっと、自分たちの時間を好きな事に使えると言っている。私と同様に自営業を営んでいるが、自分でスケジュールを組める仕事をしているので海外旅行や国内旅行に行きっぱなしだ。羨ましい限りである。

私たち夫婦も家内の両親が介護付き有料老人ホームに入居してしまえば、自分たちの時間を十分取れる生活になる。私の仕事も時間の制約が無いので全て自分でスケジュールをコントロールできる。家内の両親の介護支援が介護付き有料老人ホーム入居で終われば、行って見たい国があると家内は言っている。

行って見たいという気持ちがある時に海外旅行をするのが一番幸せな時間を過ごせる。

旅行は非日常の生活!

 郊外の一軒家から都会のマンションに移り住むシニアが増えている。老人が住む上での利便性と都会の刺激を求めて引っ越してくる。新築マンションを購入する場合と中古マンションを購入する場合、または、賃貸マンションに入居する場合で気を付ける事が違ってくるのではないか。

今、こんな問題がマンション業界で生まれている。

マンション管理人不足と老齢化

米国の大学に留学していた時や仕事でカリフォルニアで生活していた時に必ず見ていたテレビ番組がある。Star Trek番組だ。日本で生活を始めてからはStar Trek番組を見る事が出来なかった。今年の1月からNetflixと契約をした。1か月1000円ぐらいの費用でStar Trek番組(過去から現在までのシリーズ)やその他SF映画など色々な番組を楽しめる。

私にとっては、Star Trek番組さえ見る事が出来ればそれで満足だ。他の番組や映画は、おまけでしかない。出来れば、毎日Star Trek番組を見たいのだが、日中は仕事。平日の夜は、家内にテレビを独占されている。どうしても、週末の余暇の時間にStar Trek番組を3時間ぐらいまとめて見るようになる。 

自分が楽しめる余暇の使い方

電車に乗り込む時、電車から折口から降りてくる。普通の人たちは、すぐに出口に向かうのだがシニアの人はこんな行動をする場合がある。電車の出口から降りて立ち止まるのだ。電車に乗り込む時に邪魔になるのを全然気がついていない。電車に降りる人も乗り込む人もたった一人の老人が降りた出口近くにぼ〜っと立ち止まっていることでえらい迷惑を受ける。

なぜ? 老人は、電車の出入り口近くに立ち止まるのだろうか。

老人は周りの状況に気が付かない!

昨日、夫婦で築地本願寺の合同墓申し込み手続きをしてきた。週二回行われる説明会はいつも満席のようだ。合同墓の説明会を聞いて直ぐに申し込みは出来ない感じだ。そろえる書類に印鑑登録証明書があるからだ。私たち夫婦は、急がずに1か月間ぐらい寝かしておいてから都合がついた昨日に築地本願寺に出向いて合同墓申請をした。

その手続きの間に2,3組のシニアが私たちと同じように合同墓の申請手続きにやってきていた。事情は色々あるようだ。担当者からの話であると田舎にあるお墓の引っ越しで築地本願寺の合同墓を利用する人が増えているという。代々引き継がれてきたお墓の面倒を見切れなくなった東京に住む長男が東京にお墓を引っ越しするのだ。

田舎のお墓の管理とお墓参りで家を継ぐ長男家族が苦痛を感じている状況が見える。

お墓の意味を考える

今年の2月に介護度審査があり、介護5から3に回復した義母である。今お世話に成っている老健施設は、お願いしてあと3か月間滞在を延期して頂いた。

但し、

4人部屋から個室に代わる事になった。無理を言っての滞在延期であるので受け入れるしかなかったのが現状だ。本来ならば、次の老健施設に引っ越ししなければならないのだが、義母が気に入っていて引っ越しするには季節が良くない。次の老健を探すという理由で延期滞在を依頼した。

老健施設の月額料金が4人部屋と個室でこれほど違うのに驚いた。

4人部屋月額11万円から個室31万円に!

家内の両親が有料介護付き老人ホームに入居する時に慌てないために今色々な有料介護付き老人ホームの資料を取り寄せている。これはいいなあと感じる有料介護付き老人ホームは、皆、月額家賃だけでも30万円以上、それに、管理費、食費、介護費用などがプラスされると月額合計金額が60万円以上になる。

国民年金や遺族年金+貯蓄だけのお金では到底入居できない。一般庶民の老人は、有料介護付き老人ホームに入居する必要な資金は到底用意できないだろう。多くの有料介護付き老人ホームへの入居では、入居一時金を必要とする。その金額が1000万円以上だ。

この現実を知るにつれて私たち夫婦の老後が怖くなってくる。二人が同時に有料介護付き老人ホームに入居するとしたら月額合計120万円だ。あり得ない!無理だ。資産家だけが有料介護付き老人ホームに入居できる。

資産家でない老人たちは、老人ホームに入る事が出来ないという現実が見えてくる。老人の人口が増加するこれからの時代は、増々、有料介護付き老人ホームに入居する事が難しくなるのが分かる。

通りで有料介護付き老人ホームからのお誘い電話や資料送付が多いはずだ!

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search