• N/A
  • Mon - Fri 9:00 - 19:00

雇用される人と雇用する人では、働き続けるための自由度が違う。65歳を境に雇用される人は職を失い、探しづらくなる。雇用する側(経営者、起業家)は自分で働くのを辞める自由裁量権を持つのでビジネスさえ回転していれば外的環境に左右されない。

アルバイトやパートで働くにしても老化による体力低下には勝てない。雇用する側は、自分の仕事を誰かに任せるだけで仕事の量を減らせる。仕事をやめる時は、体が動かなくなったときだろう。

65歳を過ぎても働き続けたいシニアは、今から2つの事をすると良い。

雇用される側から雇用する側に立つのが一番なのだが・・・簡単ではないのが現実だ!

起業生活が長くなると組織の中の歯車になって働くのが精神的に出来なくなる。自分がボスで好きな事が出来る環境に住み始めるとその自由を制約する他人の組織で働くのが耐えられなくなる。上司から指示され、意に反する事をやらされてきた経験があるともう二度とそんな世界で働きたくないと心が言い始める。 

今は、自活が出来ているので他人にお世話に成る必要が無い。雇用されて生活し始めると弱い立場になる。もう、弱い立場で悩みたくないと心は言っている。自分で自分を雇う環境を作り出すと雇用する側と雇用される側の違いを歴然と分かる。

会社を卒業したシニアは、もう、雇用された弱い立場で仕事をしたくないと思っている。

何か出来る事は無いかと周りを見渡すが、えり好みがあるため自分が生きる仕事が無い!

妻に頼まれて来年の年賀状(戌年)を買ってきた。そしてたら、おまけがついてきた。昨年も年賀状を買ったのだが、おまけはティッシュだけだった。今年は、郵便局も昔の郵便ポストを蘇らせる戦略なのだろう。おまけのポストは、消しゴムである。

post

nenga

家内だけが年賀状を出す!

60歳から64歳までの生活と65歳からの老後生活では何が違うのか。現在、62歳の私はまだ65歳からの老後生活を知らないし、分からない。60歳以降の人生は、人によって様々になるということは分かっている。こんな生活でないと困るという理由もない。全ては、「65歳になったらどのような老後を過ごしたいかを計画する」しかない。

65歳以降の生活プランがあると自分の人生の羅針盤が作れる。羅針盤がある生活とない生活では、生き甲斐と楽しみで相当の違いが出るのではないか。私はそう思う。

65歳からの羅針盤作り

国民健康保険に入っているが、民間医療保険に入るべきか迷う時がある。65歳以降に今まで気にしていなかった病気にかかり病院通いをする可能性が高いといわれる。私たちシニア夫婦は、60歳と57歳を境に生命保険の契約を解約した。既に子供は自分たちの人生を歩み始めている。子供のためにお金を残すのは必須ではない。自分たちの力だけで生きて行くのが自然の宿命だからだ。

医療保険は、シニアにとっては身近になる存在だろう。健康なシニアは必要ないが、病気の発症は分からない。知らないうちにガンになっていたという事もある。

女性の方が男性よりも長生きすることを考慮すると・・・

世界中でフリーランスワーカーが増えて来ている。これもインターネットで仕事が得られるお陰だ。この傾向は、正規雇用から個人ワーカーへのシフトを示している。企業は、正規雇用者数を減らして個人ワーカーと契約して仕事を委託し始めている。米国の新しい企業、Uber(ウーバー)は2000人の従業員で16万人の契約ドライバーと契約してビジネスを展開している。

インターネットという通信技術を活用して企業と個人をつなぎ合わせている。

10年先の仕事場は、オフィスで無くなる。自宅か、カフェか、コーワーキングプレイスになるだろう。通勤電車にギュウギュウ詰めでオフィスまで通う時代は遠い昔になるかもしれない。少なくともインターネット経由で仕事が成り立つ場合は仕事をする場所の制約が無くなる。

典型的な事例が、カスタマーサポートサービスである。人件費が安い日本語が分かる海外の労働者にカスタマーサポート業務をさせている。

専門特化のシニア向け仕事が増えて来る!

第三金曜日に開催される経営者のビジネス勉強会に参加した。もう、この勉強会に参加して7年ぐらいになる。メンバーは顔なじみになっている。いつも参加する人、時々、顔を出す人、様々だ。このビジネス勉強会のメンバーは、60歳代が中心でいつも20名前後が集まっている。午後5時から始まって午後6時30分に終わる。その後、希望者による懇親会が近くの居酒屋で行われる。ほとんどの参加者が懇親会にやってくる。

昨日は、10月度の勉強会と懇親会があった。いつも、一人で仕事をカフェの中でやっていると話をする相手がいない。月1度の勉強会と懇親会でお酒の力を借りて心の中に埋もれた思いを吐き出す良い機会になっている。

シニア男性はお酒の力を借りないと口を開かない!

私の家内の母を今年の7月中旬に近くの老健に入居させた。86歳の義母は、自宅で老衰で死んでいくような感じであった。食欲もなく、起きている時間も少なく、いつも介護ベッドの中で寝ていた。体を動かしていないため足のくるぶし辺りからむくみが目立ち始めていた。そんな状態でケアマネジャーのお勧めの老健に入居申請をした。

老健では、バランスの取れた栄養が取れる食事、出来るだけ普通の生活が送れるような生活リズムを取り戻すプログラム、リハビリ運動が行われた。老健は、基本的に3か月間しか入居できない。そのため、私たちは別の老健に移る手続きを取った。

3か月間の老健での生活は義母を生き返らせたようだ!

老人の歩き方には特徴がある。前を見ないで下を向いて前方2メートルぐらい先しか見ていない。加齢から来る筋力の低下で背中が丸くかがむような姿勢になって歩いている。頭を上げるのが難しくなっている。私も何か考え事をして歩いている時は、なぜか、前を見て歩かない。どうしても下を向いて歩いてしまう。このような歩き方は常に危険性を伴う。前方不注意で思わぬ事故につながる。

老人であればあるほど、前方と上を向いて歩く習慣が求められる。

老人が下を向いて歩く危険性

今日から秋の連休が始まる。3日間の連休だが、季節は秋だ。多くの人たちがドライブや旅行に出かける。気温も旅行にはちょうどよい気温だ。私たち夫婦も2泊3日の旅行を予定しているが、この連休中ではない。連休中は何処の観光地も人で混んでいるため敢えて避けている。60歳代のシニア夫婦にとって旅行は一番の楽しみだ。家内は、食事の献立メニューを考えずにホテルや旅館で出される料理を食べるだけだ。お風呂も入りたい時に入れる。

「ハレとケ」のハレを旅行で楽しめる

ただ、

連休だからという理由で旅行を予定しているのではない。季節が秋だからだ。

連休の恩恵は会社員と観光地! 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.

Search